三重ブログ

ひつまぶしも…?名古屋のグルメで有名だけど実は三重発祥3大名産物!

名古屋グルメと、思っているそれは・・・

「ひつまぶし」や、「味噌カツ」といえば名古屋グルメの代表選手ですね。もし、これらが三重県発祥のメニューだと知ったら驚く方も多いでしょう。しかし、実はこれだけでなく「天むす」や「ういろう」までも、三重県発祥のっグルメなのです。諸説は様々ありますが、これら名古屋グルメとして有名になってしまったメニューもこれからは「三重県グルメ」として堂々と紹介してもしてみてはいかがでしょうか?

味噌カツ、天むす、ひつまぶし・・・

味噌カツの発祥の店は、三重県津市の「カインドコックの家 カトレア」、名古屋では「矢場とん」が味噌カツ発祥の店と言われていますが味噌串かつであり、とんかつに味噌をかけたいわゆる味噌カツではなく、やはり発祥は三重県といえるでしょう。天むすの発祥の店はこちらも津市の「千寿」、昭和30年頃に作られたまかない飯が原型です。まかない飯から看板メニューに昇格し、暖簾分けして名古屋に店を構え天むす専門店を出した所、大ヒットという流れで有名になりました。また、ひつまぶしは、津市の鰻屋さんでお客に出せないウナギを刻んでご飯に混ぜたまかないが原型と言われています。どれも、三重県で産声を上げ、名古屋で花開くというルートで名古屋めしと呼ばれるようになっていきました。

諸説ありますが・・・

三重県が発祥とはっきりしているものもありますが、諸説あり、はっきりとしたことは分からないこともあります。発祥は三重県でも、有名にしたのは名古屋だから、名古屋めしと言ったとらえ方もあり、なかなか出口は見えません。他にも、いちご大福やたい焼き、ういろうも三重県が発祥のグルメですが、認知度はかなり低いですのが現実です。作り出す力に優れている三重県、これからは発信力も磨いていきたいところですね。