三重ブログ

ステーキといったら、三重の松阪牛!松阪牛ってほかの牛とどう違うの?

松阪牛とは?

三重県の愛すべき特産品「松阪牛」は、世界でも高い評価を受けています。高級牛肉の代名詞、和牛の王道など、様々に評されていますが、松阪牛と他の牛肉の違いとは何でしょうか?こんな問いかけをされると、答えに困る方も多いでしょう。まずは、松阪牛の定義を確認してみると、「松阪牛協議会」に所属している農家が全国各地から生後7~8ヶ月の優秀な黒毛和種のメス牛を購入し、指定地域で飼育した未経産牛を指すとあります。生まれにはこだわらず、飼育の過程が大切にされているのは少し驚きですね。

松阪牛はどんな牛?

松阪牛は生まれにはこだわらないことが発覚しましたが、松阪牛を超えるものはそうありません。その違いは、飼育方法にあり、松阪牛は他の牛にはない丁寧なケアがされています。例えば、食欲増進のためビールを飲ませたり、キレイなサシが入るように皮下脂肪を均一にするための焼酎マッサージを行うなど一頭一頭の状態を細かく管理しています。もちろん餌にもこだわり、環境も牛が快適に過ごせるように整え、他の牛より長期飼育することで独特の風味が生みだされています。他のブランド牛も様々なことに気を配っていますが、一頭ごとにここまでのケアをしているのは松阪牛だけであり、その違いが肉質や価格に反映され、違いが際立つ結果になるのです。

松阪牛の美味しい食べ方

最高級の松阪牛、最も美味しい食べ方は何でしょうか?もちろん松阪牛のステーキもおすすめですが、すき焼きは柔らかい肉質を味わうのに最適です。サッと火を通したら卵なしで召し上がってみてください。どなたも松阪牛の魅力を最大限に味わうことができるでしょう。松阪牛は三重県が世界に誇るブランド牛ですが、その品質は几帳面で真面目ながら、チャレンジ精神と負けず嫌いが同居する三重県の県民性が生み出した結晶化もしれませんね。