三重ブログ

働くなら三重がいい!県民性でみる働く環境と三重県の県民性

働く環境は大切!

福利厚生って大切、仕事内容が魅力的なことも必須、しかしどんなに条件の良い会社でも働く環境が悪ければ力を発揮することはできません。会社にはそれぞれ社風や独特のルールがあるなど、一つの社会として動いています。その環境が快適で自分にあったものなら仕事のパフォーマンスも最大限発揮することが可能ですが、その反対であれば心身ともに辛い思いをすることが予想されます。人には生まれ持った性質の他に、風土によって作られる県民性も存在し、県の相性というものも存在します。三重県の県民性は、穏やかでのんびりしていてチャレンジ精神が旺盛といわれていますが、三重県で転職する際に気になるのは、社風にはどのように影響しているのかという点ですね。

三重県民の県民性を分析

三重県民が持つ人柄の特徴は男女でも違いがみられます。男性は、周りの目を気にする傾向があるが真面目で負けず嫌い、信頼や人望が厚い方が多いといわれていて、結婚後はマイホームパパだが自分の趣味も大切にする傾向があります。また、女性の場合は一見控えめだが、大らかでミーハー、ファッションにはこだわりがあり、金銭面では堅実でやりくり上手なママになる傾向が強いです。以上の県民性から、厳しさはあまりないが、研究熱心で真面目、本音を引き出すには時間のかかる存在ではあるが、協調性があり控えめなため仕事を円滑に行うことができる県民性ということが予想されます。

三重で転職するなら

三重県と相性のいい県民性を持つのは、愛知・滋賀・奈良、その逆は宮城・山梨・山口といわれています。人や地方によってはこの限りではありませんが、三重県で転職を考えている女性や中高年のみならず多くの人が気にする話題といえますね。転職を考える際には三重県の性格を考慮し、仕事仲間としてやっていけるのかを検討してみることをおすすめします。