三重ブログ

伊勢神宮にいったら伊勢うどん!三重県の有名グルメだけどまずいの?おいしいの?

三重県名物伊勢うどんとは?

伊勢を中心に食べられているローカルフードで、黒く濃厚なタレに柔らかく茹でた麺をつけて食べるタイプのうどんです。讃岐うどんなどではツルツルシコシコな「麺のコシ」が大切にされていますが、伊勢うどんは1時間も茹で続けるため柔らかく、もっちりふんわりした食感が楽しめます。伊勢うどんと呼ばれ始めたのは昭和40年代からと歴史は浅いですが、発祥は江戸時代以前からこの地域の農民たちが祭りの際に手間をかけて作るハレの日の料理だったものを食べやすいよう改良したものです。昔から伊勢神宮への参拝客にも人気で、現在でも伊勢神宮周辺にはいくつもの伊勢うどんの名店が軒を連ね三重県グルメの一端を担っています。

おいしいの?まずいの?

伊勢周辺では飲食店で食べる以外にも、スーパーで簡単に伊勢うどんを購入できるほど馴染みの深いうどんですが、「伊勢うどんはまずい」といった声が聞かれるのも事実です。フニャフニャしていてうどんらしからぬ食感や、甘いタレがうどんと呼ぶにはいかがなものか?というのが伊勢うどんはまずい派の意見として聞かれます。一方、そのコシのない柔らかさや、タレと絡みついたハーモニーなどを伊勢うどんの美味しさというのがおいしい派たちの意見です。

そういわれると食べてみたい

伊勢うどんの味がどうといったことより、うどんらしからぬ食感も甘い味付けも許せないという固定概念に捕らわれているだけなのかもしれませんね。伊勢うどんを茹でるのは、うどんの表面を傷つけないように仕上げるのは神経を使う作業であり、茹でるではなく「ふっくらさせる」といいます。また、江戸時代では甘い味は贅沢の象徴であり現代の感覚と同じではありません。賛否両論ありますが、フニャフニャの食感や甘いタレにも職人技や歴史があると思うと伊勢うどんを食べてみたくなりませんか?