三重ブログ

三重には東京の3倍もの伊藤さんが!! 伊藤という名字が多い理由って?

伊藤さん、多いんです

三重県に住んでいる人には実感がないかもしれませんが,三重県は他の県に比べて伊藤さんが多いんです。
あなたのお友達や同僚にもいらっしゃるのではありませんか?

伊藤は全国の名字ランキングで5位とメジャーなものですが、三重では100人あたりの伊藤さん人口は東京の3倍、近くの和歌山と比べると10倍ほどの確率で伊藤さんが!と、かなりのものです。

各都道府県によって歴史的背景が違い、名字にもそれが反映されているのは予想が付きますが面白い結果だと思いませんか?

伊藤さんと三重県の関係とは?

「どうして三重に多いのか?」という疑問は、伊藤という名字の由来を考えると答えがでるでしょう。
藤原北家の藤原秀郷(ふじわらのひでさと)の七代子孫である尾藤基影(びとうもとかげ)が伊勢守となり、「伊勢の藤原さん」という意味で伊藤氏を称したのが伊藤姓の始まりといわれています。「伊勢の伊藤は天下の伊藤、伊勢神宮のお膝元」という歌も残っているんですよ。また、伊藤一族は源平合戦のあたりに平家に属して活躍おり、平家方の武将として勇名を馳せた平景清も本名は伊藤景清といいます。

源平合戦に源氏が勝利したことで、平家は没落し伊勢から離れ尾張や三河・美濃を経て伊東の名字も全国へ拡散していきましたが、その名残で三重には伊藤姓が多いといわれています。

よそとは違う三重県の名字ランキング

三重県の名字ランキング、ちなみに2位は山本さんです。全国ではダントツの佐藤は三重では低く11位。これは伊藤と同じく「藤」とつく名字には藤原氏が関係していることが多く、佐藤は佐野(栃木県)の藤原氏や佐渡の藤原氏が由来というという説に関連があるのかもしれませんね。

ともあれ、名字を通して三重での常識と全国の常識は少し異なる、というのを垣間見ることができることに驚きですね。