三重ブログ

サミット開催地の賢島 志摩マリンランドだけじゃない観光スポットを紹介

 

伊勢志摩サミットの開催地「賢島」

前回のコラムで伊勢志摩サミットについて説明しました。2016年5月26日・27日開催 で、主要国の首脳たちが集結します。持ち回りで開催されますが、日本では2008年の洞爺湖サミット以来の開催となります。

今回は我らが三重県の賢島(かしこじま)で開催されますが形状や特色について少しおさらいしておきましょう。英虞湾(あごわん)に浮かぶ小島で、以前は無人島でしたが、伊勢志摩国立公園指定以降は観光地化が進み年間1260万人の観光客が訪れる一大観光地です。警備のしやすさや交通の便が整っていることから、サミット開催地として指名されました。

賢島周辺の観光スポット

一大観光地!とご紹介した賢島、ここでは具体的な観光スポットをご紹介していきます。
・志摩マリンランド(阿児町神明賢島)
人気者はマンボウ!入り口では3.3mの巨大マンボウモニュメントがお出迎えします。海の美しさや楽しさをさまざまな展示方法を使い体験することができる水族館です。三重県らしく「海女さんの餌付け」を見学することもできるんですよ。
・志摩スペイン村パルケエスパーニャ(磯部町坂崎)
スペインの街並みを再現したテーマパークで、アトラクションやショッピングだけでなくショーなどエンターテイメントも満喫できます。
・横山ビジターセンター(阿児町鵜方)
伊勢志摩国立公園の魅力を伝え自然を学ぶための総合施設。無料で工作を楽しめたり、自然観察会などのイベントに参加したりと肌で賢島を感じることのできるスポットとして人気です。
この他にも「あご湾一周クルーズ」や、英虞湾を一望する夕日の名所「ともやま園地桐垣展望台」も忘れてはなりません。

観光大国三重県をアピール!

賢島周辺だけでなく、伊勢神宮や海女小屋・夫婦岩などがあり、伊勢志摩は観光大国といっても過言ではありませんね。三重県出身なら伊勢志摩に興味を持った友人に紹介できるようにおさらいしておくことをおすすめします。