三重ブログ

私のUターン転職体験(東京→愛知→三重)

働くなら、東京でしょ!?

今回は三重キャリアベースを運営している株式会社ロジセンスのスタッフによる三重県へのUターン転職体験をお話したいと思います。

大学の就職活動、私も多くの大学生同様に地元三重には目もくれず、知名度の高い企業を中心に選考を受けていました。企業の知名度と同様に重視したのが、「東京で働けるか?」ということ。最終的には全国配属の可能性のある企業と、東京都心への配属を内定時に確約してくれた企業との2択から、東京で働ける企業への就職を決めました。なぜ東京か?実はたいした理由などなく、なんとなく「東京で勝負がしたい!」くらいのものでした。

厳しくも充実した仕事環境の東京。ただ、プライベートとの両立は・・・

東京で働き始めると、想像していた以上に刺激的な毎日が待っていました。向上心にあふれた「ヒト」、ビジネスでもプライベートでも何不自由なく満たされている「モノ」、日本経済の中心地とて大きなスケールで動く「カネ」、そこには限りないビジネスチャンスがあり、プライベートを省みず仕事に没頭しました。

そんな東京ライフも結婚をきっかけに転機をむかえます。幸いにも結婚後間もなく子供を授かったこともあり、住まいも東京都内から、千葉県の閑静な住宅街に引っ越しました。都心に勤務していた私は片道約2時間の道のりを毎日、満員電車に揺られて通勤することになりました。この時、初めて東京で働くことの難しさを感じるとともに、当時のライフスタイルに疑問を持つようになりました。

こうなると、妻も同郷の三重出身ということもあり、三重へのUターンを決意するのは難しいことではありませんでした。

Uターン転職の難しさを痛感も、地元ライフを満喫!

いざ、三重へのUターンへ動き出し、苦労したのが仕事探しでした。大手の転職求人サイトや人材紹介会社を使い、三重の企業への転職を目指しましたが、なかなか見つけることができませんでした。絶対的な求人数も少なく、コンサルタントの方からは三重には求人がほとんどないとまで断言されてしまう始末。最終的には三重への転職をあきらめ、愛知県の企業に転職しました。俗に言う「Jターン」ですね。

最終的に私は愛知県での数年を経て、地元三重に帰ってくることができました。実体験としてわかったことは、県外からの地元転職は情報も限られ非常に難しいということ。ただ、これから三重へのUターンを考える人に伝えたいことは、Uターンは良いことが思いのほかあるということ。プライベート面では地元の友人や家族・親戚との楽しい時間が増え、子供も自然豊かな環境ですくすくと育っています。さらに、仕事面は通勤時間は車で10分弱ですし、仕事のやりがいや、ビジネスチャンスも、意外にも(三重県の企業様ごめんなさい)東京以上の魅力を感じられることが多くあります。仕事もプライベートも妥協しないライフスタイルの実現できる場所、それが私のUターン転職で実現できたことです。