三重ブログ

プロ野球や甲子園だけじゃない!三重の高校野球の特徴と魅力に迫る

 

記憶に新しい大阪桐蔭との対決

プロ野球だけでなく、三重では高校野球が人気で熱い!三重高校が甲子園で大阪桐蔭と対決し、準優勝したのは記憶に新しいですね。

三重高校の中村監督は一部のエースだけに頼るのではなく「全員野球」で結束させ、王者・大阪桐蔭のエースから「相手が強くて、本当に苦しかった」といわせるチームプレイをみせました。選手たちだけではなくアルプスからの応援も白熱し、三重高校の応援歌だけでなく30種類にも及ぶブロックサインを駆使し六大学並の応援で選手の気持ちをバックアップ!

優勝こそ逃したものの、彼らの健闘に心躍った三重県民も多いのではありませんか?

三重と高校野球の意外な関係

三重県民が高校野球好きな理由としてテレビ事情が挙げられます。三重県では開会式や初日の試合をゴールデンタイムで放送していますが、これって他では考えられない時間の使い方なんです。

県唯一のローカルテレビ・三重テレビ放送は柔軟に時間を使い、選手がこんなにも頑張っている練習に励む背景や、監督の人生などを盛り込み、一夏のドキュメントのような番組作りを行っています。こうした放送が、野球に興味がなくても自然と親しみ、応援したくなる環境を整えているといえるでしょう。

また、他県では甲子園常連校が固定されていることが多いですが、三重県では突出した高校があるわけでなく、拮抗していて何が起こるかわからないハラハラ感があり、つい見てしまうというのも否めません。

プロ野球選手も多数輩出

高校野球も熱いですが、三重県はプロ野球選手を多数輩出しています。開幕2連覇が話題になった巨人のルーキー高木勇人やライオンズの守護神岡本篤志も三重県出身のプロ選手です。

三重高校の斉藤選手もドラフト候補に上がっており、これからの活躍も期待されます。放送をチェックし、お気に入りの高校や選手を見つけて、今夏応援に行ってみてはいかがでしょうか?