三重ブログ

ゆるキャラまで作られた、鳥羽のご当地グルメ「とばーがー」を紹介!

「とばーがー」とは?

三重県鳥羽市のご当地グルメ「とばーがー」は、2007年に市と地元飲食店が共同で開発した新しい名物。

  • 鳥羽市内で販売すること。
  • 地元産食材をメインのパテに使うこと。
  • 作りたてを提供すること。

の3つを条件に、各飲食店で販売されています。
第一弾のヒットをきっかけに次々と新しい「とばーがー」が誕生し、今やその数は20種類以上に。

今回は、そんな「とばーがー」について紹介します!

おすすめ「とばーがー」3選

鳥羽1番街にある「グランブルー」では、個性豊かなとばーがーを販売中。
今回はその中から3種類のおすすめバーガーを紹介します。

1.BPEバーガー

BPEは「Beef Pork Egg」の略。地元の加茂牛と志摩パールポークの焼き豚、そして新鮮な卵を使った一番人気のとばーがーです。

2.海物さざえ編バーガー

菅島産のさざえと答志島産のあらめを使った地元の美味しさを閉じ込めたバーガー。7月~9月の期間限定販売なので、気になる方は今のうちに!

3.デザーとばーがーMikan

こちらは一風変わったデザートバーガー。鳥羽みかんをクリームなどでまとめたものをクロワッサンでサンドしました。販売期間は11月~3月。

参考:とば~がー|グルメ|鳥羽1番街

とばーがーを元にしたゆるキャラも!

大人気の「とばーがー」ですが、ついにとばーがーを元にしたゆるキャラも誕生しました。
名前は「トーバ」と「トパティ」。とばーがーと鳥羽水族館のジュゴンを元に作られたゆるキャラです。
トーバとトパティ
(画像引用:トーバ・トパティ|ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト

日本で唯一ジュゴンを飼育していることで有名な鳥羽水族館は、たくさんの愛らしい海の生き物たちが人気のスポット。付近にはドライブコースとして有名なパールロードもあり、道中にあるパールロード鳥羽展望台では「伊勢エビコロッケバーガー」というとばーがーも販売されています。

二人で水族館に行き、ドライブをして、とばーがーを食べながら展望台で美しいオーシャンブルーを楽しむ…そんなデートプランもいいかもしれませんね。