三重ブログ

ガンダムファンに人気の「作」 伊勢志摩サミットの乾杯酒にも選ばれた日本酒

三重の日本酒「作」

歴史と伝統のある三重県は、自然に恵まれた地でもあります。

鈴鹿山脈から湧き出る伏流水、伊勢平野の風吹き抜ける温暖な気候から作られる米に恵まれた鈴鹿市は、太古の書物に「味酒鈴鹿国」と記されているほどの酒どころ。
昔は酒造業が非常に栄えていましたが、時代の流れとともに需要が激減。今や鈴鹿の蔵元は「清水清三郎商店」だけになってしまいました。

年々日本酒を嗜む人が減っていく中、清水清三郎商店が生き残りを賭けて2000年に生み出したブランドが「作」。
「飲む人や提供する人、皆で作り上げるお酒」…そんな願いを込めてつけられた名前ですが、読み方を「ザク」としたところ、意外なところから人気に火がつきました。

ガンダムの「ザク」と日本酒の「作」

アニメ「機動戦士ガンダム」には「ザク」というモビルスーツ(人間が中に乗り込み操縦するロボット兵器)が登場します。中でも「シャア専用ザク」と呼ばれる赤色のザクと操縦士のシャア・アズナブルはアニメの中でも人気のキャラクターで、「戦いとはいつも2手3手先を考えて行うものだ」という台詞や、シャアの操縦するザクに対しての「1機のザクは通常の三倍のスピードで接近します!」という台詞など、多くの名言があります。

「ザク」という名前の日本酒があるらしい…そんなガンダムファンの中で話題になったところから有名になった「作」。2012年から発売された「作 プロトタイプシリーズ」は、「プロトタイプガンダム」を意識したものともいわれており、中でも「作 プロトタイプM」はシャア専用ザクと同じ赤色のラベルが目印。シリーズの中で最も人気があります。

伊勢志摩サミットにも選ばれた「作」

名前から話題になった「作」ですが、その味も良いと話題になっています。
「作」シリーズのひとつである「作 雅乃智 中取り 純米大吟醸」は、香りと味のバランスにこだわったお酒。
華やかな香りと、純米吟醸酒ならではの味わいの両方が楽しめると評価が高く、伊勢志摩サミットでは1日目の乾杯酒にも選ばれました。

「たくさんの人に愉しんでいただけるお酒」というコンセプト通り、世界の要人にも楽しまれた「作」。
今後さらに人気が出そうな、大注目の地酒です。

参考:作 | こだわり抜いた調和と透明感。