三重ブログ

三重県に全国のお菓子が大集合するイベント「お伊勢さん菓子博2017」

日本最大級となるお菓子の祭典「全国菓子大博覧会」が、4月21日(金)から5月14日(日)の間、三重県営サンアリーナにて行われます。北は北海道、南は沖縄!全国各地にある銘菓やお菓子、約1800点以上ものお菓子たちが三重県に集まってきちゃいます!

「全国菓子大博覧会」は明治44年(1911年)に『全国菓子飴大品評会』として始まったイベントで、今回三重県で行われる「お伊勢さん菓子博2017」として27回目になるとても長い歴史のある歴史的な博覧会です。地元の企業としては「赤福」「井村屋」「おやつカンパニー」などが特別協賛や出品などで参加しいてます。

今回の博覧会の見どころや博覧会の情報などをご紹介します!

license_290_120

見どころ その1「巨大工芸菓子」

今回は開催地にちなみ「お伊勢参りのにぎわい」をテーマとした巨大工芸菓子がかなりの見どころです。

工芸菓子とは
工芸菓子はお菓子の材料を使って作られる造形・芸術作品のこと。すべてがお菓子の材料で作られていることが条件で、制作にとても高度な技術が必要だという。工芸菓子はとても精工で美しい芸術作品です。

浮世絵師 歌川広重の「伊勢参宮 宮川の渡し」をモチーフに表現された、10メートル×5.5メートルと、とても壮大なスケールの巨大工芸菓子がシンボル展示されます。

浮世絵を表現するために「6万輪の桜」「10万本の松葉」などをお菓子で作るとても細かい作業…まさに「匠の技」の集大成です。作品自体がとても大きいですから、シンボル展示を作るために100名を超える和洋菓子職人が関わっているとか。三重を沢山の職人が壮大に表現してくれるのがうれしいですね!

制作の様子:https://www.youtube.com/watch?v=XC-LWAfO7TA

見どころ その2「学生たちによる工芸菓子」

また、三重県内にある高校・専門学校生たちによる工芸菓子の展示も行われるそうです。三重県内にある7校が「三重ならではの食材」をテーマにして工芸菓子を制作していく。学生による工芸菓子作品の制作と展示は、過去に実施された菓子博ではなかった初めての試みとか。

参考までに、工芸菓子展示に参加する各学校のテーマをご紹介します。

  • 三重調理専門学校 … 肉
  • ユマニテク調理製菓専門学校 … 果物
  • 伊勢調理製菓専門学校 … 祝宴料理
  • 久居農林高等学校 … 野菜
  • 明野高校 … 魚介
  • 相可高等学校 … 野菜
  • 四日市農芸高校 … 魚介

 

三重県内の「海の幸」、「山の幸」、そして「祝宴料理」を一体どうやって「お菓子の材料」で表現するのでしょうか?出来上がった工芸菓子がどうなっているのか気になるところです。学生たちによる工芸菓子は彼らにとってのチャンスでありチャレンジとなるのでしょう。それぞれの工芸菓子で三重県の魅力をぜひ伝えていただきたい!
参考:http://www.kashihaku-mie.jp/enjoy/school/

全国お菓子夢の市&お菓子にぎわい夢横丁

「お伊勢さん菓子博2017」では、三重県企業を始めとしておよそ530社、約1800点のお菓子がズラリと並びショッピングを楽しめるそうです。全国の銘菓やお菓子をまるで旅行気分で見て回り買い物を楽しめる。たくさんのお菓子がありますから、ここでは今まで知らなかったお菓子に出会えたりと、新たな発見があるかも

さらに、大手お菓子メーカーである8社(江崎グリコ、カルビー、不二家、ブルボン、明治、森永製菓、山崎製パン、ロッテ)による、各社趣向を凝らしたオリジナルブースにて、お菓子の無料配布(数量限定)やイベントを期間中毎日行うようです。これはとても楽しみです!

博覧会の詳細

イベント お伊勢さん菓子博2017
日時 2017年4月21日〜5月14日
場所 三重県営サンアリーナ及びその周辺
主催 第27回全国菓子大博覧会・三重 実行委員会
入場券 「前売券」「当日券」では料金が異なるのでチケットについてのページを参照してください

「お伊勢さん菓子博2017」のイベント詳細はこのようになっています。入場券については、「大人」「シニア」「中・高校生」「小学生」とそれぞれ値段が異なります。また「前売り券」「当日券」でも料金が異なります。なので先のサイトをぜひ確認しておきましょう。

三重県への注目、再び

2016年5月に行われたG7伊勢志摩サミットにて注目された三重県。今回の「お伊勢さん菓子博2017」にて再び注目されることになるでしょう。

お菓子以外にも全国のグルメを楽しめるコーナーもあります。三重をはじめ全国のお菓子やグルメを楽しめる博覧会。約4年に一回のイベントで、しかも地元の三重県で開催されます。これは行かないともったいない!。ぜひとも胃袋でこのイベントを堪能したいと思います!

参考:第27回全国菓子大博覧会・三重