三重ブログ

『日本遺産』に「伊賀忍者・ 甲賀忍者」が認定される

文化庁が年に1回、都道府県を通じて公募している『日本遺産』(Japan Heritage)に「忍びの里 伊賀・甲賀 -リアル忍者を求めて-」が認定されました。これは「日本忍者協議会正会員」である三重県伊賀市と滋賀県甲賀市が申請したものです。伊賀市と甲賀市が持つ「リアルな忍者」が感じられる魅力ある里の文化や伝統を語るストーリーがこのたび『日本遺産』に認定されたことになりました。

忍びの里 伊賀・甲賀 -リアル忍者を求めて-

『日本遺産』とは

文化庁が公募している『日本遺産』は、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを『日本遺産』として認定するものです。2020年に東京で開催予定のオリンピック・パラリンピックに向け、文化庁では『日本遺産』を100件程度認定する予定だそうです。

この『日本遺産』に認定されれば、いいことがたくさんあると考えられます。オリンピック・パラリンピックに向け外国からの観光客も増えてくると予想されている中、『日本遺産』として認定されていれば、地域の認知度も高まりますし、観光復興や地域活性化を図ることにもつながるのです。

なので今回の『日本遺産』認定は、けっこう嬉しいことなのです!

参考:「日本遺産(Japan Heritage)」について|文化庁

日本忍者協議会とは

これまで謎に包まれてきた忍者という存在を
日本の文化資産として世界に発信すべく作られた、
自治体等によって構成される世界唯一の忍者の公式組織。
2020年を見据え、国をはじめ、自治体、大学、観光協会、民間団体、事業所が
あらゆる垣根を越えて集結。忍者の学術研究や情報収集・情報発信を行い、
忍者による観光振興、文化振興、地域経済の活性化を図ることを目的とする。

via:日本忍者協議会 公式サイト「Japan Ninja Council」

忍者という存在を「日本の文化」として、おおっぴらに知ってもらうことで観光につなげるという考え。悪くない!!ちなみに日本忍者協議会会長には三重県知事である鈴木英敬氏が任命されているというのが少しおもしろい。

参考:日本忍者協議会 公式サイト「Japan Ninja Council」

認定された「忍びの里 伊賀・甲賀 -リアル忍者を求めて-」

日本忍者協議会が『日本遺産』として今回認定されたのは、伊賀市と甲賀市が持つ“リアルな忍者”が感じられる、魅力ある里の文化や伝統を語るストーリー「忍びの里 伊賀・甲賀 -リアル忍者を求めて-」。「忍者」という存在こそ知っているも、その実態はあまり知られていない。

それでも伊賀市・甲賀市の町を歩けば、戦国時代を感じることのできる城館が佇み、忍者の修練の場とした山伏の行場が山々にみられ、村々に祭られた鎮守の社は忍者たちが結集し合議の場とした跡など、何かと「忍者」を姿が浮かび上がってくのです。

今回の認定を足がかりに、伊賀・甲賀をはじめ全国に点在する忍者にまつわる文化や伝統を活用し地域経済の活性化などに寄与していきたいと考えているようです。

三重県としての『日本遺産』

実は、今回日本忍者協議会が認定された『日本遺産』なのですが、三重県としては平成27年に明和町にて『祈る皇女斎王のみやこ 斎宮』が認定されていました。地元の人々によって神聖な土地として守り続けられてきた斎宮跡一帯をみることができます。

こういう感じで、三重県発祥のものが認定されていけば、地域活性化につながっていくんでしょうねー。もっともっとたくさん増えていき、三重県が豊かになっていくことを願います。

画像:Art of NINJA[YouTube]