三重ブログ

松阪市文化財センターにて、冬季企画展『装飾品 ~きらり、甦る~ 』にて市内で出土した勾玉などを展示 2月3日〜3月18日

三重県松阪市外五曲町に位置する松阪市文化財センター「はにわ館」にて冬季企画展 「 装飾品 ~きらり、甦る~ 」が行われます。松阪市文化財センターは、埋蔵文化財保護関連を業務の一つとしています。今回の特別展では、そんな市内の遺跡・古墳から出土した勾玉(まがたま)や管玉(くだたま)をはじめ、黄金色のくつや水晶原石など様々な装飾品が展示されるらしいです。

昔の人たちが使っていたアクセサリーを実際に見ることが出来るイベント。展示物の他にも『ミュージアムトーク』や『ワークショップ』で勾玉作りもあるようです。

2018年2月3日(土)から3月18日(日)まで行われる冬季企画展 「 装飾品 ~きらり、甦る~ 」をご紹介します。

冬季企画展 「 装飾品 ~きらり、甦る~ 」

催物名:冬季企画展『装飾品 ~きらり、甦る~ 』
期間:平成30年2月3日(土)~3月18日(日)
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
場所:はにわ館第2展示室 〒515-0821 三重県松阪市外五曲町1(松阪市文化財センター)
入館料:100円(18歳以下は無料)※20名以上は団体料金につき1人80円
休館日:2月5日(月)、13日(火)、19日(月)、26日(月)、3月5日(月)、12日(月)

文化として古代の人も首飾りや耳飾り、腕輪などのアクセサリー類を身につけていたことが分かる特別展。松阪市市内から出土した勾玉や管玉以外にも様々なアクセサリーを見ることが出来ます。「昔の人もこういうの付けてたんだー」と新たな発見があるかも!?

展示される出土品には、古代から貴重とされているヒスイ製の勾玉や碧玉製の管玉などが有るようです。

また、期間中には、いくつかのイベントが行われます。その中には「ワークショップ」として勾玉作りもありますのでご興味ある人は是非ともチェックしてみて下さい。

関連イベント

・ミュージアムトーク:2月3日(土) 13:30~14:30/第2展示室
・ワークショップ(勾玉づくり):3月3日(土)、4日(日) 10:00~12:30(受付は12:00まで)/第3ギャラリー/材料費100円
・ハンドベル ミニコンサート:3月18日(日) 10:00~、10:30~、11:00~/はにわ館ロビー

参考:
ぎゅうっと松阪 – 投稿
はにわ館企画展・特別展のご案内 – 松阪市ホームページ