三重ブログ

三重のインスタ映え人気宿泊施設、志摩地中海村に新エリア登場

三重県志摩市にある「志摩地中海村」(株式会社 志摩地中海村)は、まるで地中海に居るかのように思わせるほど、スペインテイストが溢れている宿泊施設です。目の前には海が広がりフォトジェニックで非日常感であふれ、女性や若者を中心に人気の宿泊施設となっています。

スペイン調の白い建物がたくさん並び、最近では、「インスタ映えする場所」としても「志摩地中海村」は人気の施設です。

そんな「志摩市地中海村」に新たなエリアが登場します。ミコノス島やメノルカ島の鮮やかな町並みをイメージした「ミコノルカゾーン」、アルハンブラ宮殿のハマムをイメージした「アルハンブラゾーン」の2つのエリアを新設し、2018年3月16日(金)にリニューアルOPEN!!

人気宿泊施設「志摩地中海村」に新エリア登場

施設名        : 志摩地中海村
リニューアルオープン日: 2018年3月16日(金)
所在地        : 〒517-0403 三重県志摩市浜島町迫子2619番地1
電話番号       : 0599-52-1226(ホテル代表)
客室数        : 53室
公式Webページ     : 【公式HP】志摩地中海村 – 伊勢神宮まで車で約50分。地中海の雰囲気漂うリゾートホテル
公式Instagram     : @shima_chichuukaimura_official

ミコノルカゾーン

にぎやかな街並みをイメージしたミコノルカゾーンには、街のにぎわいを感じながらカジュアルステイをお楽しめるワンルームタイプの客室「スーペリアツイン・ダブル」、バルコニーから絶景が楽しめる「デラックスツイン」の客室を新設。

また、創作料理でもてなされる、カジュアルレストラン「タベルナアスール」も新設。バンケットルームがあり、パーティーや小会議など多目的なご利用が可能だそうです。

アルハンブラゾーン

アルハンブラ宮殿のハマムをイメージしたアルハンブラゾーンには、高台に位置する絶景のラグジュアリーな客室「ラグジュアリースイート」、「ラグジュアリースイート ビューバス付」を新設。ビューバス付の部屋があり、ベランダに露天風呂がついているとか。そこは冬場には暖炉も楽しめる2部屋限定の特別ルームだそうです。

また、宿泊者限定で入浴できる天然温泉「スパ・アルハンブラ」も新設。地下1,430mから湧き出る天然温泉と、アラビックスタイルの特徴あるデザインの内湯と外湯が目玉に!

三重の観光の拠点に利用してみては?

三重県志摩市ということで、近くには「スペイン村」や「志摩マリンランド」、伊勢市や鳥羽市に目を向ければ、「おかげ横丁」や「鳥羽水族館」などがあります。昼間は色々な場所を観光して、夜は志摩地中海村に宿泊して異国の雰囲気を味わう。そういったプラン、いかがでしょうか?

参考:
http://www.puebloamigo.jp/
https://www.facebook.com/chichuukaimura/
https://www.atpress.ne.jp/news/148065