三重ブログ

古くから伝わる「横輪桜」が実は品種不明で、平成30年3月に新品種として認定される

三重県伊勢市横輪町に古くから伝わる「横輪桜」が公益財団法人・日本花の会から新品種(認定番号 第010号)として認定されました。

実は「横輪桜」はこれまで品種が不明で、全国でも伊勢市の横輪町にのみ存在することから「横輪桜」と呼ばれていましたが、今回の認定で、正式に「横輪桜」(よこわざくら)として新品種認定されたということです。(名称は変わってません!!)

この度、新品種として認定された横輪桜

「横輪桜」はソメイヨシノに比べ2~3倍の大きさの花びらを付けます。さらに特徴として、濃いめの色で約5~14個の花弁が混在する一重八重咲、大輪、淡紅色で香りのある花を咲かせます。そんな「横輪桜」を横輪町にある「横輪町活性化委員会」が公益財団法人・「日本花の会」に申請し、2018年3月1日に新品種として認定されました。(前から「横輪桜」と呼んでいた人たちにとってはなんのこっちゃですけど)

実は「横輪町活性化委員会」は、2011年にも「横輪桜」を申請していたのですが、当時の「日本花の会」にはそもそも新品種の認定制度がなく、この度改めて申請し新品種として認定されたとのことです。

この桜はサトザクラ類の品種で類似品種である千里香、大提灯とは葉縁鋸歯や苞の形で区別されます。約5~14個の花弁が混在する一重八重咲、大輪、淡紅色で香りのある花を咲かせます。http://www.hananokai.or.jp/sakura/sakura-system/

「横輪桜」は江戸時代後期から三重県伊勢市横輪町内にあったとされる品種で、町内各所に植栽されてたくさん町内に存在しています。

そんな横輪町で「横輪桜」にちなんだイベントがあります。

4月には横輪桜まつり

横輪桜の開花期間に伊勢市横輪町で「横輪桜まつり」が開催されます。横輪桜のサクラが濃いピンクに染まり、あたりを鮮やかに彩ります。

イベント:横輪桜まつり

開催期間:4月上旬~4月中旬 ※桜祭り:4/1~15 4/7イベント開催
会場:伊勢市横輪町
WEB:http://heart.pro.tok2.com/yokowa/
駐車場:有料
パンフレット:http://heart.pro.tok2.com/yokowa/Event/sakura2018-c.pdf

今回の「横輪桜」の新品種認定で横輪町自体の認知度が上がり、町の活性化に繋がっていくと思わわれます。横輪町でしか観れない特別なサクラ。4月の桜の時期に、この場所に行ってみてはどうでしょうか?

写真映えもきっといい感じ!!

参考:
http://heart.pro.tok2.com/yokowa/