三重ブログ

「ささって」「はしかい」って何のこと?聞いてびっくりな三重県の方言

関西圏が近い三重県の方言は、関西弁に似ていると思われることが多いようです。語尾に「~やん」とつけるところや、「ダメ」を「アカン」と表現するところなど、関西弁との共通点もいくつか見られます。しかし、三重県ならではの方言もたくさんあるのですよ。その中には、おもしろいものやびっくりするようなものも少なくはありません。ここでは誰かに話したくなる三重県のおもしろ方言を紹介します。

 

「ささって」っていつのこと?

明後日の次の日のことを標準語では「しあさって」と言いますが、三重県ではこれを「ささって」と表現します。

では、三重県には「しあさって」という言葉はないのかというとそうではありません。「ささって」の次の日、つまり4日後のことを「しあさって」と呼ぶこ人が非常に多くいます。

ですので、三重県民と「しあさって」に約束すると、日にちを間違える可能性があるので注意しましょう。

 

「はしかい」ってどんな感じ?

身体が痛痒くなることを三重県の方言では「はしかい」といいます。これは「麻疹(はしか)」にかかると身体がかゆくなることに由来しているのだそう。

また、喉がいがらっぽいときや、毛羽だった服を着るときに「はしかい」を使う人もいます。三重県の中でもどちらかといえば伊勢市など、三重県南部の人が使う傾向にあるようです。

 

「みじゃける」って何をすること?

壊す、潰すなど何かを破壊するときに三重県民は「みじゃける」という言葉を使います。もげる→もじゃける→みじゃけるに変化したといわれていますが、方言でいうとなんだかかわいい印象になりますね。

 

「つる」と学校で言われたら?

学校で清掃をするときに、机を教室の後ろに持ち運ぶのはどこの地域でも共通していますが、三重県ではこの行為を「机を運ぶ」ではなく、「机をつる」と表現します。実際に「机つり係」が存在する学校もあるようです。

机を「吊る」すようにして運ぶことから呼ばれるようになったという説が有力。津市や伊勢地区など南部で使われていることが多いようですが、名古屋市や岐阜県でも「つる」と表現する傾向にあります。

 

「ほる」と言われてもスコップはいりません!

三重県民が口にする「ほる」は「掘る」でも「彫る」でもなく、「捨てる」という意味があります。これは北部・南部問わず三重県全域で使われているようです。「ほおっておく」が転じて「ほる」になったと言われていますが、「きちんと捨てる」という意味合いが強いので、三重県民に「ほっといて」と言われたらその辺にほかるのではなく、きちんとゴミ箱やゴミ捨て場に捨てましょう。

 

まとめ

三重県の方言と言われるもののなかにも、四日市や桑名など北部で使われるものもあれば、津や伊勢など南部で使われる方言で違ってきます。柔らかい関西弁のような三重弁を話す女性はかわいらしいという人も多いようです。他にも三重県独特の方言があるので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。