三重ブログ

全国初の認可を受けた競艇場! 津の競艇場の魅力とは?

津市が主催する競艇場が「ボートレース津」です。
賭けごとといえば一般的には競馬やパチンコですが、津に住んでいるとまず競艇という発想が出てきます。
レース以外にも、どて煮やランチなどグルメも豊富な施設です。
日本で2番目に広い54メートルのホーム幅がある競艇場で、冬場には「鈴鹿おろし」と呼ばれる強い向かい風が吹くことで知られています。
今回はそんなボートレース津の魅力についてまとめました。

 

全国で初めて認可を受けた競艇場

実は全国で初めて認可を受けた競艇場がボートレース津です。
1952年に初めてのレースが開催され、60年以上の歴史があります。
当時は別の場所で開催していましたが1969年に移転しました。
水質は淡水に近いのですが海沿いのため海水も含んでいます。
G1やG3といった大きなレースも開催されていて、津駅や津新町駅から無料送迎バスも出ています。

 

マスコットキャラクターにちなんだ「ツッキーレース」

ボートレース津には恐竜のマスコット「ツッキー」がいます。
ツッキーにちなんだ企画レースとして「ツッキーレース」があります。
ツッキーレースでは最も有利な位置に高ランクの選手が着くことを前提としており、勝ち負け以上に見ている人を楽しませることを重視しています。

 

東海地方で最も荒れる水面

ボートレース津は伊勢湾の影響を直接受けるため、夏場は季節風に、冬場は鈴鹿山脈からの強風「鈴鹿おろし」により強烈な向かい風を受ける競艇場です。
風が強ければ水面が荒れるため選手は苦戦をしいられます。
ときには風速10メートルを超えるので東海地方で最も荒れる水面と言われています。
ボートレースではコーナーで複数のボートがぶつかりあう場面もあります。
荒れやすいボートレース津ではそういったスリリングな場面を見ることができるでしょう。

 

津に行くならボートレースを楽しもう

ボートレースは競馬と違ってわずか6艇で順位を競うため非常に的中率が高い賭けごとです。
初心者でも当てやすいですし、もちろん賭けを控えて選手を応援する楽しみかたもあるでしょう。
ボートレースに関する説明が競艇場で受けられますので、初めて行く人でも安心です。
またボートレース津はコースが荒れやすいことから大穴が当たることが多いです。
万舟券(競馬でいう万馬券)が出ることが多い競艇場ですので一発狙いもできるでしょう。
土日しか実施していない競馬と違って週に何日も開催していますので気軽に観戦できます。
仕事の後に気軽に見に行ってみてはいかがでしょうか。