三重ブログ

年間園芸用品購入量が高額な三重県。どんな花・野菜が育てやすいの?

総務省が毎年集計している「家計調査」は、全国の約9,000世帯を抽出し、それぞれ分類別に年間購入量がまとめられています。そのなかで園芸用品購入量も調査されていますが、2010.2011.2012年の平均で見た場合、全国1位はなんと三重県(津市:11,203円)なのです!

2017年にはベスト20にランクインしています。今回は園芸用品購入額が比較的高い三重県で、どんなガーデニング・家庭菜園が楽しまれているのかご紹介していきます。

(参考:総務省「家計調査」http://www.stat.go.jp/data/kakei/npsf.html

 

園芸用品といえば、「ガーデニング」や「家庭菜園」の必須アイテム!

「園芸用品の購入量が高い。」たとえばどんな商品が購入されているのでしょうか?主なものといえば、くわ・シャベル・鎌・じょうろ・植木鉢・肥料・園芸用ハサミ・消毒剤・殺虫剤・除草剤などがあげられます。

これらのグッズを実際にイメージすると、庭のガーデニングや家庭菜園などで利用する際に使われると想定されます。いわば必須アイテムでもあり、園芸用品購入量が高いということは、ガーデニングや家庭菜園が好き、もしくはしやすい環境があるといえるでしょう。

ランキングから見ると、比較的地方での購入量が高い傾向にありますが、自動車登録台数や持ち家比率との相関性があるようです。

 

三重県で「家庭菜園」を楽しむなら、どんな野菜がおすすめ?

日本のなかでもおおよそ真ん中に位置する三重県。気候は比較的温暖で、緑豊かな地域です。家庭菜園では、植える場所に余裕があればトマト・きゅうり・ししとう・ピーマン・ゴーヤ・おくら・なす・キャベツなどが育てられます。

ベランダなど省スペースで家庭菜園を楽しむなら、ミニトマトなども食べやすくていいですね。他には、ラディッシュやミニチンゲンサイなどもプランターでチャンレンジできますよ。

 

三重県では「ガーデニング」に凝ったご家庭もたくさん!

現在では、比較的若いご夫婦から定年を迎えた高齢世帯まで、幅広いガーデニングファンがいます。もちろん三重県でも、それぞれのご家庭の趣向を凝らしたガーデニングが楽しまれています。

三重県内には規模の大きい園芸センターも各地に点在しており、豊富な苗や種が販売されているのも特徴です。初心者向けの花であれば、パンジー・ビオラ・ポーチュラカ・マリーゴールド・プリムラなどがあげられます。

家庭菜園の野菜とともに、そのまま料理に使いやすいハーブ類もいいですね。バジル・ペパーミントなどを育てているご家庭も多いでしょう。こまめな水やりなどが難しい人にとっては、多肉植物もおすすめです。

ちょっとした緑があるだけで、日々の暮らしにほっと安らぎを与えてくれるでしょう。