三重ブログ

まるで戦国時代?!映画のロケ地にもなった「伊勢安土桃山城下街」へ行ってみよう!!

三重県伊勢市。伊勢神宮で有名な街ですね。いにしえの浪漫にあふれ、時間がゆっくりとながれているようです。今回は、伊勢神宮にほど近い場所にある、「伊勢安土桃山城下町」をご紹介します。そこは、まるで戦国時代にいると錯覚するほど、あの織田信長が建てた安土桃山城の天守閣などがリアルに再現されています。また、今年1月から全国一斉ロードショーになった「映画 刀剣乱舞」のロケ地でもあります。

 

「伊勢安土桃山城下町」とは

伊勢安土桃山城下町は、三重県伊勢市二見町にある、安土桃山時代の歴史や文化にふれることができる一大テーマパークです。

もともとは「伊勢戦国時代村」として運営されていましたが、「ちょんまげワールド伊勢」、「伊勢安土桃山文化村」として営業されたのち、2017年7月に「伊勢安土桃山城下町」としてリニューアルオープンしました。

伊勢市内からでも目にすることができる、復元された安土城天守閣をはじめ、忍者や安土桃山時代の衣装や着物に着替えて施設内を散策できたり、奉行所を再現した劇場があったり、丁半博打が体験できたりと、見どころは盛りだくさん!その他では、松坂牛や伊勢海老が食べられるお食事処、天然温泉「安土城下の湯」でゆっくりまったり過ごすことができます。

 

「映画 刀剣乱舞」のロケ地に?!

刀剣乱舞とは、「刀剣乱舞―ONLINE-」という、日本刀を擬人化し、日本史の有名な合戦に出向き、キャラクターを強くしていく、育成シミュレーションゲームです。歴史好きにはたまらないゲームで、2015年からミュージカルなど舞台化され、翌年にはアニメ化、さらに昨年映画実写化され、2019年1月18日よりTOHO系で全国ロードショーとなっています。

映画予告で「織田信長、暗殺せよ!」とあるように、織田信長が題材にされています。織田信長といえば、安土桃山城ですね。この安土城とお城周辺で、通常営業で一般のお客様がおられるにも関わらず、何日も撮影が行われました。サブジェクトの画像は、山本耕史さん扮する織田信長の登場シーンの時に使われた、「黄金の間」です。一見の価値はありますね。しかし残念なことに、今年4月から安土桃山城は改装工事が決まっています。入場できるのは、3月末までとなっていますのでご注意ください。

 

■伊勢安土桃山城下街■

所在地:〒519-0603 三重県伊勢市二見町三津1201−1