三重ブログ

和服文化を支える伝統工芸、伊賀組紐の秘密

美しく華やかな和装に欠かせないアイテム、組紐を知っていますか。
組紐は、帯周りに彩りを添える帯締めや、コーディネートを上品に引き締めてくれる羽織紐などに使われています。
現在では機械でも作られるようになった組紐ですが、元はすべて手作業で作られていました。三重県伊賀地方では、現在も手作業による組紐づくりが盛ん。現在では、手組紐の全国生産量の大半を占める一大産業となっています。

 

伊賀組紐の歴史

組紐の歴史は古く、その起源は飛鳥時代にまで遡るといわれています。当時大陸から様々な文化がもたらされた中に、組紐も含まれていました。
金糸や銀糸など、華やかな糸を使用して作られる組紐は、その後武将の兜の紐や、刀の飾り紐として人気に。明治時代になり、廃刀令の影響で一時は大きな打撃を受けた組紐ですが、その後明治時代に華やかに和装を楽しむ文化が流行したことに伴い、その上品で華やかな組紐に再度注目が集まり、再興を果たしたといわれています。

 

忍者も使っていた!?組紐で作られる工芸品

組紐は、その昔は刀の飾り紐や兜の紐として、主に男性に使用されていました。また、忍者の忍術にも使用されていたという、いかにも伊賀らしい記録も残されています。
その後、明治時代には女性の和装の帯締めや帯飾り、男女ともに使用される羽織紐として注目を集めます。金銀を始め、色とりどりに組み上げられた組紐は、和装に華やかな色どりを加えてくれます。
また、現在では和装小物の他、根付けやストラップ、あるいはイヤリングやネックレスといったアクセサリー、男性のネクタイなど、様々なアイテムが作られています。
時代の変化に合わせて、様々な品に姿を変えて、その時代の生活を彩ってきた組紐。伝統工芸だからこそ、時代を超えて愛されていることが分かります。

 

本場では組紐づくり体験も

伊賀に訪れた時には、ぜひ立ち寄ってほしいのが伊賀くみひもセンター「組匠の里」です。このセンターでは、昔ながらの組台である「丸台」を使って、自分だけの組紐作り体験をすることができます。
組紐に使うのは絹100%の糸と金糸。好みに合わせて、キーホルダーやストラップ、ブレスレットなどを作ることができます。体験の所要時間は30分程度。
ちょっとした旅のお土産に、世界でひとつだけの組紐づくりはいかがですか。正座で丸台に向かっていると、今に続く、伊賀組紐の歴史の流れを感じることができるでしょう。