三重ブログ

新名神開通「鈴鹿パーキングエリア」のご紹介

新名神高速道路の新区間(新四日市JCT~亀山西JCT)が2019年3月17日に開通しました。
これにより以前まで問題となっていた、東名高速の伊勢方面からと新名神の京都方面からの合流地点である亀山JCTでの渋滞が緩和されました。

また、この新区間の開通と同時に、新しく「鈴鹿パーキングエリア」がオープンしました。
今回はこの新施設をご紹介します。

鈴鹿と言えば、F1やバイク8耐レースでお馴染みの「鈴鹿サーキット」で有名ですが、こちらの施設はサーキットにちなんだ名称で「PIT SUZUKA」と呼びます。
中に入ると、そんな鈴鹿らしさが溢れており、レーサーの着ていたスーツやバイクが展示してあります。
また、伊勢型紙や鈴鹿墨など三重の特産品の展示もあり、見るだけでも楽しめる施設になっています。

 

鈴鹿ならではのお土産

鈴鹿と言えばコレというお土産を、2つご紹介します。
まずは、「ぼつ焼」です。ぼつ焼とは、鈴鹿で行列ができる焼肉屋として有名な「みさき屋」の名物です。ぼつは、松阪豚のバラ肉の一部で横隔膜(ハラミ)の部分で、豚一頭から300gしか取れない希少部位となっています。
続いて、「作 ZAKU フィナンシェ」です。作(ざく)とは、鈴鹿にある清水清三郎商店が製造する日本酒で、伊勢志摩サミットの乾杯酒としても有名です。その作の酒粕を使用して作ったフィナンシェで、「作 鈴鹿プレミアム」は鈴鹿パーキングエリアでしか買えない限定品となっています。

 

鈴鹿パーキングエリアで食べられる三重名物

フードコートでは、三重県ならではの名物を食べることができます。
・伊勢うどん(ご存知、伊勢名物)
・ぼつ焼丼(お土産で紹介したみさき屋のぼつ焼をここで食べることができます)
・トンテキ定食(四日市のご当地グルメ)
・鈴鹿らーめん(食用の鈴鹿墨を使用)
・PIT鈴カレー(鈴鹿サーキットにちなみ、タイヤのホイール風の盛り付けとチェッカーフラッグを模したお皿)

 

他にもこんなものがあります

この他にも、テイクアウトで、松阪牛串、松阪牛メンチ、鈴鹿抹茶を使用したソフトクリームなどの三重名物を楽しめますし、高速道路初出店となる「プロント」でコーヒーやパンも味わえます。
もちろん、24時間空いているコンビニエンスストアもあり、コインシャワーで汗を流すこともできます。さらに、洗濯機や乾燥機もあるので、遠方からでもゆっくりと過ごすことができます。
そして、ドッグランもあるので、長旅のワンチャンもリラックスする事ができます。

ご紹介した「PIT SUZUKA」は、新名神の上り、下りだけでなく、一般道からも立ち寄ることができ、三重の魅力を味わえる場所です。
是非、ドライブの途中にお立ち寄り下さい。