三重ブログ

四日市で餃子といえばこのお店!餃子専門店「新味覚」

皆さん餃子は好きですか?
老若男女問わず人気の餃子ですが、四日市には創業60年、餃子一筋で有名なお店があります。
最近では、テレビやメディアでも取り上げられる機会が増え、ますます人気になっている「新味覚」というお店です。
今回はこちらをご紹介します。

 

「新味覚」の歴史

「新味覚」は、昭和30年に開業し、以後四日市市内で移転した後、昭和60年に現在の場所(四日市市久保田)に本店を構えます。
当時から餃子一筋で、現在も焼き餃子のみです。餃子以外はドリンクのみで、ご飯もおつまみも一切ありません。
つまり、本当の意味で餃子一本で勝負している、歴史あるお店なんです。

 

「新味覚」が60年もの間、愛され続ける理由

新味覚が長年愛されている理由として、
1点目は、餃子の美味しさ
キツネ色に焼けた皮のパリパリ具合と蒸し上がった皮のモチモチ具合が抜群で、皮の食感がまず美味しいのです。
そして、中のあんのキャベツ・にら・玉ねぎなどのシャキシャキ具合と豚肉の絡みも抜群で、だから餃子一筋でやってこられたのかと納得の味です。

2点目は、刻みにんにく入ラー油
餃子に付けるものといえば、しょうゆ、ラー油、お酢等がありますが、新味覚では、刻みにんにく入のラー油が定番です。
この刻みにんにくをたっぷり入れて食べる人がほとんどで、これがあってこその新味覚だと言っても過言ではありません。
食べた後に人と合う予定がある時などは控えめの方が良いかと思いますが、次の日休みならばたっぷり入れて食べるべきです。
これぞ「新味覚」というのを味わえます。

3点目は、牛乳
餃子と牛乳の組み合わせは、一見するとどうなのだろうかと思いますが、「新味覚」では普通のことです。
牛乳を飲むことで、ラー油の辛みをマイルドにする効果と、にんにくのニオイ消しの効果もあります。
食べた後に人と会う予定があるけど、刻みにんにく入れて食べたい人は、牛乳もセットで頼みましょう。
牛乳は、普通の牛乳の他、りんご牛乳やコーヒー牛乳が選べます。

 

桑名にもあります

実は、現在は2店舗展開で、桑名にも新味覚はあります。
桑名駅前のビルに店舗があるので、電車で行かれる場合はこちらの方が便利です。

 

持ち帰りや通販もあります

新味覚の餃子はお店で食べるのが一番美味しいですが、お家でも楽しむことができます。
お店で焼いた餃子を持ち帰る「焼き餃子」と、自宅で自分で焼く「生餃子」があります。
また、特製のタレと刻みにんにくラー油も購入出来るので、自宅でもお店と同じ味が味わえます。
尚、公式HPでは、通販での注文も受け付けているので、遠方の方はこちらをご利用頂ければ、全国どこからでも新味覚を堪能できます。

四日市の誰もが知る餃子「新味覚」、ぜひ味わってみてください。

「餃子の新味覚 四日市本店」
〒510-0821 三重県四日市市久保田2丁目10-1
https://www.shinmikaku.com/