三重ブログ

麗しの故郷 三重県で外国人ツアーコンシェルジュデビューしよう! 【実践編】

資料作りが終了したらいよいよ外国人観光客を迎える最終調整をしながら当日のガイドに挑みましょう。
早速ツアーの流れをご説明します。

登録したツアーガイド先からオファーが来たら

・最終準備
相手の国を確認して、翻訳機を使いゲストとメールなどでコンタクトを取ります。

・質問内容
日時・集合場所・希望観光地・希望食事内容・記念日が滞在中にあるか(誕生日や結婚記念日など)・何に興味があるか 参加メンバーに子供や老人がいるか・性別などを確認します。
当日連絡がつく電話番号やメールアドレスを聞くのもお忘れなく。
ガイド中に翻訳機を貸し出す事もあるので、ゲスト国に合わせた言語の簡単な操作説明書があると便利です。

・希望をアレンジしたプランを幾つか立て相手の要望を聞き、Okが出たら、ツアー料金を必ずメールに添付して送付しましょう。
相手の了承の返信メールはトラブル予防の為、保存しておきましょう。
プラン作りの次はゲスト国の言語でしおりやガイド内容作りをしましょう。
もし相手が英語が通じる場合は英語の物でも大丈夫です。
最後に来日直前確認メール、ツアー前日にも最終確認を入れましょう。

・ガイド当日
いよいよ当日!車でのお迎えは最寄駅、空港などへ、必ず30分以上早めに到着します。
ツアーの目印となるウエルカムボード(相手の名前入り)や旗を作って待ちましょう。
打合せ通りゲストと合流したら、自己紹介の後にお金を前払いにて徴収します。領収書も用意しましょう。
参加者に子供がいたら、光るおもちゃやけん玉などちょっとしたプレゼントをすると喜ばれます。

旅のしおりを渡して車で移動します。翻訳機を相手に貸して会話を楽しむのもおすすめです。
移動の際は日本の流行歌をかけるのも喜ばれます。

・ツアー開始
とにかく楽しんでもらえるようにおもてなしのガイドをしましょう。
無理の無いプランを立てながら、3,4か所以上はおすすめを回れるようにします。
ハプニングが起こる事を予想し、素早く代替え案の場所も案内できる用意をしましょう。

・食事タイム
混雑を考えてあらかじめお店に予約を入れておきます。この時、相手の記念日などと重なれば
前もってお店側に記念日サービスの有無を確認してサプライズお祝いをすると喜ばれます。

・ツアー終了
宿泊場所や駅などへ送迎します。帰りは相手の国の音楽をかけてあげるのも良いです。
お別れの時はリピーターや口コミで紹介をしてもらえるように、名刺などを渡したり、ちょっとしたお土産を渡すのも良いでしょう。

 

三重県の外国人観光客受けする場所など

伊勢神宮、おかげ横丁、夫婦岩、海女さん、伊賀忍者関連、長島スパーランド、なばなの里、上野城、大台ケ原、鈴鹿サーキット、関宿、丸山千枚田、
海水浴場、熊野速玉大社、熊野川川下り、鈴鹿の森庭園など桜の季節の名所、綺麗な日本庭園、酒造巡り、組紐体験、組子体験、忍者体験、陶芸体験、
魚介類、はまぐり、松坂牛、的矢かき、大牛山牛乳、うなぎ、いちご狩り、寿司、たこ焼きやお好み焼き、ラーメン、懐石料理、天ぷらなど
ドンキホーテや東急ハンズなども喜ばれます。大型スーパーや大型100均店舗やガチャガチャが沢山ある所でお土産タイムもおすすめです。

 

外国人観光客は日本人が思っている程言葉が話せなくてもパーフェクトを求めていません。それよりも、一緒にいて楽しい人、面白い事を重要視しますので、
語学力の向上は勿論大切ですが、真心と魅力溢れるガイドをしてリピーターやゲストが口コミなどで他の顧客を紹介してもらえるように頑張りましょう。
貴方がツアーコンシェルジュとして成功出来る事を心よりお祈りしております。