三重ブログ

三重県への転職のメリット・デメリット

「せっかく都会に出てきたけど、今の会社で働き続けることに疲れた……」
「でも、ここで転職してもいい就職先を見つける自信がない……」

都会や地方でそんなお悩みをお持ちの方は、ぜひこの記事を読んでください!ご自分に合った理想の転職先を見つける手掛かりとなるはずです!
ここでは、三重県に転職する際のメリットとデメリットについてお伝えして行きます。

「三重?そんなところに転職する意味があるの?」

そうお思いかもしれませんが、三重県に住んだことがない方にとってはそんな疑問を解消するためにぜひご一読ください!

 

三重県に転職するメリット

まず求人の種類が多いことが、三重県への転職のメリットの一つです。三重には機械メーカーが多く存在し、また食品メーカーも発展しているなど多種類の企業が存在しますので、様々な求人を見つけることができます。
また三重県では、経理や総務・人事といったコーポーレート業務の求人も比較的見つけやすく、未経験でも就職しやすいのが特徴です。興味のある求人があれば、初めての方でもぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

東京や大阪など都心部に住んでいたならば、圧倒的に生活費が安いことも大きなメリットとなります。都心部は家賃や物価が高いため、どうしても生活費を圧迫する原因となりますが、比較すると三重では相当安くなりますので、余裕が生まれやすいです。

そして、三重県に転職する最大の魅力は年収が上がりやすいことです。三重では平均年収が465.6万円となっており、全国平均の432.0万円を大きく上回っています。意外に思われるかもしれませんが、規模が大きな企業が比較的多く、給与水準が全国と比べて体感的に高いため、高収入が期待できるのです。

 

三重県の転職のデメリット

しかし、転職においてはデメリットにも注目しなくてはいけません。三重県で高収入求人が多いのは事実ですが、仕事がハードで大変という場面もあります。多くの企業やメーカーが集まっていますが、下請け企業特有の長時間労働を強いる企業もあります。
総務や経理などの本社勤務も会社の風土や働き方に左右されるため、基本的に長時間労働となる特徴があります。

また、地方ならではの風習に慣れることも求められます。例えば、三重では結納に尾頭付きの鯛を持参したり、赤子を布団で何重にもくるんだりするといった伝統があります。「郷に入れば郷に従え」のことわざのように、その地域ならではの風習に馴染むことは地方従事者の条件ともいえるでしょう。もっとも、時代の変化に合わせてなくなりつつある風習もありますので、過度に心配することはないと思います。

三重県への転職のメリット・デメリットをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?これを読んだ上で、あなたの転職に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

参考URL

三重で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

三重への転職で後悔しないためのポイント集|全て読んで不安を解消!

妊娠するとアワビ、布団で赤ちゃんが巻かれるとは? 出産にまつわる祝いごとの風習