三重ブログ

熊野古道巡り in 伊勢路 おすすめスポット紹介

一度は行ってみたいけれど、まだ行けていない熊野古道。
これから訪れようと考えている人におすすめスポットや行き方をご紹介します。

今回は、熊野古道の中でも伊勢神宮と熊野三社を結ぶ伊勢路。
江戸時代からお伊勢参りのあと、伊勢路を通って熊野詣が行われていたそうです。

 

「伊勢へ七度、熊野へ三度」と呼ばれた信仰の伊勢路

熊野古道のひとつで、伊勢神宮と熊野三社を結び、「伊勢へ七度、熊野へ三度」と呼ばれた信仰の路となっています。

熊野古道は、伊勢路・紀伊路・小辺路・中辺路・大辺路の5つがあり、伊勢や大阪・和歌山、高野や吉野と熊野三山を結ぶ古い街道のことをいいます。

伊勢路には、熊野灘・棚田の風景・熊野川など多彩な景観を楽しめるのも見どころです。

 

熊野三社だけじゃない 訪れて欲しい神社 花窟神社

熊野三社とは、熊野本宮大社・熊野速玉神社・熊野那智大社の総称になります。

5つある熊野古道の目的地で、紀伊山地の霊場と参詣道として登録されている世界遺産の一部でもあります。

その熊野詣のきっかけとなった神社が花窟神社です。

日本書紀にも書かれている日本最古の神社で、イザナミノミコトが祭られており、宇多法皇の熊野詣をきっかけとして、皇族・貴族が参詣するようになり、武士や庶民にも広まったとされています。

 

伊勢路おすすめスポット

熊野古道といえば石畳の山道をイメージされると思いますが、伊勢路にはちょっと違った一面のスポットがいくつかあります。

熊野川

熊野古道の参詣道のひとつに熊野川があります。
熊野本宮大社から熊野速玉神社へ詣でる人を船で運んだルートです。
世界遺産登録された当時、世界で初めて川が世界遺産に登録されました。

現在も、熊野川体感塾で三反帆と呼ばれる伝統的な船で川下りが体験できます。

丸山千枚田

熊野市の丸山地区に、日本一の棚田景観ともいわれる千枚田があります。
風伝峠を下り、吉野方面へ向かう北山道沿いに広がる田んぼの数は、約1340枚。

上記のように神社や参詣道以外にも、目を向け伊勢路を楽しむことで悠久の歴史を感じることができます。

 

伊勢路の魅力

伊勢路は他の熊野古道と比べて、歩きやすいのが魅力のひとつです。
小辺路など1000m級の山を越える参詣道もある中、700m級の小さな峠が続く比較的穏やかな参詣道となっているので、初心者でも挑戦しやすくなっています。

また、熊野灘に沿って南下する参詣道なので、海が見下ろせる場所、竹林や杉林を通り抜けていく場所など風光明媚で変化に富んだ山や海の景色が楽しめるのも魅力です。

そして、旅の楽しみである食事が楽しめるのも魅力。
伊勢エビや牡蠣、豊富な種類の魚もとてもおいしいのがうれしい。