三重ブログ

桑名にも工場がある、日本ハムのおすすめハンバーグ

ハム・ソーセージやハンバーグなど、加工食品を幅広く展開している日本ハム。私たちの日常生活に馴染みが深く、「その名を知らない人はいない」と言っても過言ではないでしょう。
そんな日本ハムの食品工場は全国に3箇所あります。その拠点は関東・関西、そして桑名です。今回は桑名工場でも製造されている”ハンバーグ”の中から、おすすめの味をピックアップしてご紹介します。

 

日本ハムの桑名工場はどこにある?

日本ハムの桑名工場(桑名プラント)は、三重県桑名郡木曽岬町に位置します。三重県と愛知県の境目にあり、木曽川と伊勢湾に面した自然豊かな場所です。ハンバーグやピザ、餃子などの食品を製造しています。

 

日本ハムのおすすめハンバーグ

1.てりたまハンバーグ

日本ハムのてりたまハンバーグは、幅広い世代から愛されている定番人気商品です。ハンバーグの中に濃厚な卵黄風ソースが入っていて、カットするとトロリと汁が溢れ出るところがたまりません。どんどんご飯がすすむ濃厚な味がポイントです。てりやきソースと卵黄風ソースのコラボレーションが楽しめます。子供でも食べやすいサイズ感なので、お弁当のおかずとしても人気。

2. 4種チーズの極み焼 ハンバーグステーキ

ゴーダ・チェダー・モッツァレラ・パルミジャーノレッジャーノと、4種のチーズが贅沢にたっぷり入ったハンバーグステーキです。チーズ好きにはたまらない、トロトロ感を自宅で存分に楽しめます。チーズの量はもちろんのこと、香ばしいハンバーグステーキの味も一押しのポイントです。あとがけのデミグラスソースつきで、更に濃厚な掛け合わせに満足すること間違いなし。

3. 濃厚ビーフカレーのハンバーグ

日本ハムのハンバーグミュージアムシリーズに含まれる商品。このシリーズは、ハンバーグを特に多く食べているとされる50代以上をターゲットに生まれた、豊富なソースのバリエーションが特徴です。舌が肥えた年代向けということで、どのソースを選ぶかついつい迷ってしまいます。中でもおすすめなのが、大人も子供も大好きなビーフカレーをソースに用いたハンバーグ。柔らかな牛肉と豊かな香りにお腹も心も満たされます。

 

お家で楽しむ、日本ハムのハンバーグ

バリエーション豊かな日本ハムのハンバーグ。調理方法はボイルまたは電子レンジで温めるだけと、非常に簡単で家庭における強い味方です。今後も日本ハムの取り組みと新製品の開発には注目していきたいですね。