三重ブログ

ぽってりハートのマドレーヌにドキドキ! パティスリーギブリ(いなべ市)

「・・・・・・あれ、ハートがぽってりしてる!」
この店が生み出すハート型のマドレーヌは、かなりのインパクトで女性の心をわしづかみにします。
手にしたらびっくり。立体的なハートがかわいいんです。しかも、プレーンやショコラ、抹茶などの種類があって色とりどり。フワフワしっとりとして食べても美味しいスイーツです。
その名も「しあわせのマドレーヌ」。まとめて買って、ぽってりコロッコロのハートを並べてみると、幸せな気持ちになれます。
このマドレーヌを大切な人に贈って、気持ちを伝えてみませんか?

 

こんなお店

pâtisserie GHIBLI(パティスリーギブリ)の人気商品は、しあわせのマドレーヌだけではありません。各種ホールケーキや、モンブラン、チーズケーキ、いちごのショートケーキといった定番がズラリ。地元の食材も活用し、いなべならではの味が楽しめます。
特にこの店のいちごのショートケーキは、縦に長いキューブ型。これもSNS映えがします。
たまごをたっぷり使ったカステラは、贈答にも人気です。

 

オーナーパティシエは、意外にも社会派

これらケーキ屋の定番商品を一風違う視点で仕上げるオーナーパティシエが、島尻慎也さん。
島尻さんは、28歳のときにこの世界に転身し、“行列のできるケーキ屋”として有名な鈴鹿市の『フランス菓子トレイズ』で修行。2016年6月、に地元のいなべでpâtisserie GHIBLIをオープンしました。
これまで、中部洋菓子技術コンテストで県知事賞、日本洋菓子協会連合会会長賞を受賞するなど華々しい実績もあります。
そして、この島尻さんは何といっても、社会派です。国連のサミットで採択された持続可能で誰一人取り残さない開発目標であるSDGsを重視し、被災した九州を支援しようと売上の50%を寄付するプリンを販売したり、有料化となったレジ袋代の寄付を計画したりと、社会貢献をしています。

 

詳細・アクセス

■住所
三重県いなべ市北勢町東村1339-2
■営業時間
午前10時00分~午後7時00分
■定休日
水曜日
※この他にも、休業日の可能性あり。公式サイトの営業カレンダーでご確認ください。
■pâtisserie GHIBLI公式サイト
https://patisserie-ghibli.jp/

 

ハートを贈ろう

ぽってりハート型の「しあわせのマドレーヌ」は、もらった人を笑顔にさせる魔法のお菓子。かじっていくと、ハートが破れたような形になっていくのも、どこかいとおしくて、記憶に残ります。
SNSで「いいね」のハートマークを表示するよりも、pâtisserie GHIBLIのぽってりハートを贈った方が、気持ちは伝わるのではないでしょうか。