三重ブログ

海外での大人気な日本文化を楽しめる!伊賀流忍者博物館

忍者といえば、日本人なら知らない人はいないくらい有名な存在ですよね。

戦国時代、決して表舞台には姿を現さず主君のために暗躍したと伝えられる、まさに日本の精神性が色濃く反映された存在と言えるのではないでしょうか。

現代においては日本文化の一つとして海外からも高い人気を誇る忍者ですが、その中でも特に有名な伊賀流忍者に関する博物館が、実は三重県にあります。

今回は三重県伊賀市の上野公園内にある忍者スポット、伊賀流忍者博物館について、ご紹介致します。

 

最先端の技術を守る最先端のからくりを体験できる忍者屋敷!

最初にご紹介するのは忍者のからくり技術が凝縮された忍者屋敷です。

こちらは江戸時代の屋敷を移築して作られたもので、一見普通の家に見えますが忍者の技術を敵に奪われないための仕掛けが備わっています。

忍者の格好をした案内人が、実際にどんでん返し、隠し階段、仕掛け戸、刀隠しといった仕掛けを実演しながら案内してくれるため、そのすごさを体感できる施設になっています。

 

お話でしか知らない道具を自分の目で見られる忍術体感館!

次にご紹介するのは忍術や忍具といった忍者の代表的な道具が展示されている忍術体感館です。

手裏剣や水蜘蛛といったメジャーな道具から、忍術書を基に制作された精巧なレプリカまで、400点を超える忍具が展示されています。

また、ミニシアターでは忍術の様子や作戦行動においていかに忍んでいたかなどを分かりやすく解説してくれるため、忍者についてより深く知れる場所と言えるのではないでしょうか。

 

現代の生活にも通じるお役立ち情報満載?忍者伝承館

最後にご紹介するのは忍者の歴史や生活を紹介する忍者伝承館です。

忍者に伝わる古文書から解析された暗・九字法・人相学といった、現代でも役に立つ忍術が紹介されているため、忍者好きでなくても必見の価値ありの施設です。

また、この施設では忍術以外にも忍者の生活や歴史を知ることができ、その知恵の結晶には学ぶことも多いため、ぜひゆっくり見学してみてくださいね。

 

伝説の真実や裏側を知れる唯一無二の場所

伊賀流忍者博物館では今回ご紹介した施設以外にも、実際に使われていた忍具を使った迫力の忍者ショーや、本物の手裏剣を投げられる体験なども楽しめます。

昨今では世界中から日本文化への注目が増加傾向にあることもあり、伊賀流忍者博物館の来場者も国内外問わず多くの観光客が足を運ぶスポットになっています。

忍者は海外のみならず、現代に生きる日本人にとっても幻のヒーローであり、数々の小説やマンガにおいても描かれる孤高の存在ですよね。

そんな伊賀忍者の本場、三重県伊賀市でしか体感できない忍者の姿や歴史を、ぜひ一度足を運んで感じてみてはいかがでしょうか。