三重県伊勢市でしめ縄を一年中飾る意味とは?

  1. 伊勢志摩

しめ縄というと、年末から飾って、松の内の終わる頃(関東では7日、関西では15日頃)に他の正月飾りとともに外すのが一般的。

しかし、伊勢ではしめ縄が1年を通して飾られています。

筆者は元鈴鹿市民で、現在伊勢市在住。
移住当初は、年中しめ縄のある伊勢の風景を不思議に感じていました。

クリスマスにはクリスマスツリーを飾る感覚で、季節の行事として「しめ縄を飾る」と思っていた筆者。
え…実は違ったの…?

ということで、今回は、そもそもの「しめ縄とは?」という点と、「伊勢で一年中しめ縄を飾る文化」についてまとめましたのでご覧ください。

しめ縄は神域と現世を隔てる「結界」

しめ縄

しめ縄は、神道における神祭具。
稲や麻などの藁や葛の茎の繊維で作られますが、最近はビニールで出来た安価なものも見かけますね。

@DIME【神社や神棚の「しめ縄」にはどんな意味がある?】 に詳しい内容が記されています。

しめ縄を飾る場所は、神様を祀るにふさわしい場所を意味し、神域と現世を隔てて不浄なものが入らないようにする「結界」の役目があるそう。

日本のお正月は、家々に年神様をお迎えする行事。
しめ縄は、自分の家が年神様を迎えるのにふさわしい神聖な場所として整えられていることを示すため玄関に飾られるようになったそうです。

伊勢でしめ縄を飾る理由は蘇民将来にあり

昔の家

ではなぜ伊勢で一年中しめ縄を飾るようになったのでしょうか?

三重県「歴史の情報蔵」に詳しい内容が記されています。

この文化には、地域の言い伝えがかかわっているようです。

言い伝えとは…
その昔、伊勢を旅していた須佐之男命(スサノオノミコト)が夕暮れに泊まるところがなく困っていたところ、蘇民将来という男が貸し貧しいながらも一夜の宿を貸し、もてなしました。

須佐之男命はこれを喜び、一宿の恩として『蘇民将来の子孫と書いて茅の輪を門口にかけておけば子孫代々病を免れる』と言い残し、以来、蘇民家は疫病を免れ代々栄えました。

この言い伝えにあやかって、伊勢の人々は「蘇民将来子孫家門」の札をしめ縄につけて、一年中、門口に飾るようになったそう。

伊勢のまち中で目にするしめ縄を通じて、無病息災を願う風習が現代にも受け継がれているんですね。
伊勢の地を訪れた際は、ぜひ目を向けてみてください。

駒田

キャリアベース三重の運営担当。鈴鹿市出身、三重大学卒業、伊勢市在住な、THE・三重っ子。最近は、カメラを持ち、三重の北から南まで走り回っています。趣味は旅行。伊勢市在住だけど隣の鳥羽市の旅館に泊まったりして非日常感を味わうのが好き。

記事一覧

関連記事

足湯

三重県にある足湯処に立ち寄ろう!!

足元からじんわりあったか、遠出の疲れもスッキリとれる足湯。さらに、足湯は温泉と違い、着替えを持っていなくても楽しめるのがポイント。今回は、三重県内にあるお勧め足…

  • 24 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。