三重のブランド牛乳「大内山牛乳」を知っていますか?

  1. 三重中勢

三重県民なら、必ず一度は目にしたことがある「大内山牛乳」。
三重県民の筆者は、家庭でも、学校給食でも、大内山牛乳を飲んでいました。

濃厚かつ、のどごしさわやかなので、毎日飲んでも飽きない味。
商品パッケージの牛さんイラストも、愛らしい。
大内山牛乳愛を語り出したら止まりませんね!

今回は、そんな大内山牛乳の「歴史」や「美味しさの秘密」についてまとめたので、ご覧ください。

大内山牛乳の歴史

乳牛

大内山酪農HPによると…

大内山牛乳は、大内山酪農農業協同組合(三重県度会郡大紀町大内山)が、昭和19年(1944年)から生産しているそうです。
組合として、大内山地域の6軒の農家さんが酪農を始めたことが発祥。

現在は北は四日市~南は熊野の三重県内に点在する酪農家により生産されているそう。
今や、三重県全域が生産地になっているんですね!知らなかった…。

2019年の段階で、牛の飼育頭数は4000頭ほど、1日の牛乳生産量は102トンだそう。
三重県民の牛乳ライフを支えていただき有難うございます!

「大内山牛乳」が美味しい理由

牛乳

記事冒頭でも書きましたが、大内山牛乳は濃厚かつさわやかで、文句なしに美味しい。
ついつい、ごくごく飲みたくなる味です。

なぜ、ここまで美味しいのか?
こちらも大内山酪農HPを参考に、まとめました。

  • 生産~処理~販売の全てを大内山酪農組合が一括して実施。
  • 「良質な牛乳づくりは健康な牛作りから」がモットー。
    牛の健康を第一に考え、独自の安全基準と飼育管理を徹底。
  • 全ての乳牛を組合にて育てている為、産地や健康状態もきちんと把握。
  • 朝夕2回搾乳した牛乳は、大内山工場に出荷するまで4℃に冷やし続け、品質を維持。
  • 工場に集められた牛乳は、2日以内に製品化。
    鮮度と美味しさを閉じ込めたまま出荷。

…という風に、一貫した品質管理がなされているのが、おいしさの秘密だったんですね!納得、納得。

牛乳以外の製品もおいしくて大好き

バター トースト

大内山酪農の製品で美味しいのは、プレーンの牛乳だけじゃないんです。

濃厚な牛乳と香りのいいコーヒーがミックスされたコーヒー牛乳。
甘いのに不思議と後味はさっぱりなりんご牛乳。
お風呂上りにぐいっと飲みたくなる、濃ゆい味付けのフルーツ牛乳。
どれも、美味しいですよね。

乳製品たちも充実しています。

焼きたてトーストにバッチリ合うバター、 もったり美味しいヨーグルト、コクのある飲むヨーグルト。
極めつけは、とろっとろ甘々なプリン。
食べたことない方はぜひお試しください。口にした瞬間、とろけちゃいますよ。

まだまだあります、乳製品チーム!
夏のギフトとしてオススメなのが、アイスクリーム。
こちらは、バニラはもちろん、ストロベリー、チョコレート、グリーンティー、キャラメル、ゆず味があります。

三重県内のサービスエリアでもよく見かける商品ですね。
見つけたら食べたくなって、即買いしちゃうやつです。

ちなみに現在大内山牛乳は、愛知、奈良、和歌山、大阪でも販売しているそう。
県外でも多くのファンを増やしています。
大内山牛乳ファンが増えるのはいいことです!!

三重県外でも広がりを見せている「大内山」ブランドを、是非お近くのスーパーなどで探してみて下さい。

駒田

キャリアベース三重の運営担当。鈴鹿市出身、三重大学卒業、伊勢市在住な、THE・三重っ子。最近は、カメラを持ち、三重の北から南まで走り回っています。趣味は旅行。伊勢市在住だけど隣の鳥羽市の旅館に泊まったりして非日常感を味わうのが好き。

記事一覧

関連記事

七五三

三重県にある七五三参りの出来る神社

「七五三」は神社などで「七五三詣」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。名前の通り、3歳、5歳、7歳の年齢にあった子供の行事です。(男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7…

  • 48 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。