大人こそスリルのある時間を。三重県民の森

  1. 三重北勢

少し勇気がいります、大人と言えど。
いや、むしろ子どもの方が恐怖心より高揚感が勝るせいか、抵抗がありません。
ぶら下がったロープにつかまり、心の迷いを断ち切ったら、思い切って足を地面から離します。すると、ロープ上部の滑車が勢いよく回転し、そのスピードに圧倒されてしまいました。
大人の日常にはないスピード感に支配され、恐怖が快感に変わると、それはあっという間に終わってしまいます。

そして、誰もがきっと、気付くのではないでしょうか。
……コロナ禍の籠る日々の中で、渇望していたのは、このような時間だ、と。
豊かな日常を送るには、スリルが必要です。三重郡菰野町にある三重県民の森には、手軽に味わえるスリルがあります。

鈴鹿山脈の麓、45ヘクタールの広大な自然公園

三重県民の森画像

三重県民の森は、広大な森林の自然を上手く活用した、広大な公園です。森を散策して自然観察が楽しめる西エリア、たくさんの広場や自然学習展示館がある中央エリア、池や水が流れる東エリアがあります。

園内には、3つのウォーキングコースがあり、森林浴を堪能したり、野鳥を観察したりと、幅広い世代の人たちが気軽に自分のペースで自然を満喫できます。
お弁当を持って家族でピクニックをするのも、これからの季節、ぴったりではないでしょうか。

大人こそ味わってほしいスリル。冒険の森

三重県民の森画像

三重県民の森の醍醐味といえば、中央エリアの森の中に配置されたアスレチックの「冒険の森」。木材や石など自然のものを巧みに使った16の遊具があり、その名のとおり冒険さながらの時間を過ごすことができます。
スリルいっぱいなのは、アスレチックの中盤にある「ターザンロープ」。
ターザンさながらにロープにつかまって、えいっ、と宙に浮いて移動します。スピード感抜群で、コロナ禍で鬱々としていた大人こそぜひ体感してほしい遊具です。
このほかにも、揺れると足がすくんでしまう「あみばし」や、吊るされたタイヤをバランス感覚で移動する「みのむしわたり」など、子どもも大喜びです。 

詳細・アクセス

■住所
〒510-1251 三重県三重郡菰野町千草7181-3
■利用時間
午前9時00分~午後5時00分
■車でのアクセス
東名阪自動車道 四日市I.Cから車で約15分
新名神高速道路 菰野I.Cから車で約10分
■web
三重県民の森公式サイト

地元施設の魅力再発見のチャンス

三重県民の森画像

コロナウイルス感染症の影響で、三重県民の森でもマスク着用で施設利用の際には間隔を取るなど、お願いが出されています。ぜひ事前に公式ホームページをご確認ください。

コロナによる不都合は、この先もしばらく続きそうです。
でも、考えようによってはレジャーの県外移動が難しいがゆえに、これまで知らなかった身近な野外施設の魅力に気付くこともあります。

まずは、三重県民の森を満喫するところから、アフターコロナライフを始めませんか?

The Inabes

いなべ市を拠点とするクリエイター・デュオ。紙媒体やweb用のカメラ撮影、ライティング、デザイン等を行う。メンバーはunとQ。unは山沿いの三重県内キャンプ場に入りびたるアウトドア派。Qは愛する北勢を舞台にした小説執筆が趣味のインドア派。

記事一覧

関連記事

七五三

三重県にある七五三参りの出来る神社

「七五三」は神社などで「七五三詣」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。名前の通り、3歳、5歳、7歳の年齢にあった子供の行事です。(男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7…

  • 205 view