三重のカメヤマローソクでストレス解消

  1. 三重北勢

ろうそくは三重県の全国シェア約70%。三重が誇る工業製品の1つです。
その歴史は古く、紀元前3世紀には存在していたといわれ、エジプトのツタンカーメン王の王墓からも燭台が出土しているそうです。日本では奈良時代に中国から伝来し、平安時代には国産の松脂ろうそくが誕生したといわれています。しかし、長らくろうそくは庶民にとって贅沢品でした。地方の農村までろうそくが行き渡たったのは、明治時代に西洋ろうそくが輸入されるようになってからのことだったそうです。

現在では安価に購入することが出来るようになり、アロマキャンドルなど、インテリアの一部として使用されることも多くなりましたね。

ろうそくの2つのリラックス効果

ローソク

ろうそくの炎のゆらぎを見ていて心が穏やかになったり、落ち着いたりした経験はないでしょうか。

ろうそくの炎は「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)」と呼ばれるリズムをもっています。「1/fゆらぎ」とはパワーが周波数fに反比例する波のゆらぎのこと。全くのランダムでも一定でもない波のことで、音では人間の心拍の間隔や小川のせせらぎ、光では木漏れ日や蛍の光など自然現象においてよく見られます。科学的に実証されているわけではありませんが、1/fゆらぎにはリラックス効果があるといわれています。

また、ろうそくが燃焼する際に発生する微量の水分からはマイナスイオンが発生します。ろうそくから放出されるマイナスイオンの量は森林や滝からよりも多く、家にいながら森林浴気分を味わえます。

参考:KAMEYAMA CANDLE HOUSE「キャンドルの効果」
https://k-design.kameyama.co.jp/candle/candle_qa.php

カメヤマローソク

ローソク

三重のろうそくといえば三重県亀山市を創業地とするカメヤマローソク。

カメヤマローソクといえば仏壇用の紺色のパッケージが真っ先に浮かぶと思いますが、近年はお洒落なキャンドルにも力を入れているようです。本社のある大阪や創業地の三重県亀山市ではもちろんのこと、オンラインショップや東京の青山などでも購入できます。

ストレス解消の方法は様々ですが、今日は三重のろうそくでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

千春

津市で生まれ育ち、大学進学を機に東京へ。都会での暮らしを満喫するも、津の海が恋しくなり地元に戻って就職する。現在は社労士堀内千春オフィス代表、ロジセンス取締役を兼任。趣味は旅行。海外は14か国、国内では沖縄県以外全県制覇。かわいいもの、おいしいものが大好き。

記事一覧

関連記事

七五三

三重県にある七五三参りの出来る神社

「七五三」は神社などで「七五三詣」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。名前の通り、3歳、5歳、7歳の年齢にあった子供の行事です。(男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7…

  • 147 view