ここは、竜宮城? 道の駅 紀宝町ウミガメ公園

  1. 東紀州

カメはカメでも、大きなウミガメはマリオのキャラクターのようにどこか非現実的で、ミステリアスな魅力があります。

道の駅 紀宝町ウミガメ公園は、このウミガメとふれ合える、全国的に珍しいスポット。ウミガメは何よりかわいいから、見ていると癒やされますよ。入場が無料というのも嬉しいポイントです。

海岸沿いの国道42号をドライブしたら、ぜひ立ち寄って、浦島太郎の気分を味わってみてください。

ウミガメをテーマにしたとっても珍しい道の駅

道の駅紀宝町ウミガメ公園の画像

ここは道の駅なのでお土産や地域の産品、食なども楽しめますが、まず主役のウミガメに会うためにウミガメハウスへ。

道の駅紀宝町ウミガメ公園の画像

この施設の中には、大きなプールで泳ぐウミガメに出会えます。
エサを上げると、間近で目が合ってとてもテンションがあがりますよ。
土曜、日曜、祝日などにはウミガメを直接触れるカメタッチイベントを行っているとのこと。

あふれるほどのカメが、かわいい!

道の駅紀宝町ウミガメ公園の画像

ウミガメハウスには大プールのほかにもパネルによる説明や、魚や子ガメ、いろんな他の種類のカメの展示もしています。

道の駅紀宝町ウミガメ公園の画像

また、施設内ではウミガメのことを学ぶ資料を見たり、かわいいウミガメグッズを買ったりできて、子どもも大喜び。
あふれるほどのカメに囲まれていると、竜宮城に来たみたいで嬉しくなります。

この道の駅では、単にウミガメを展示するだけではなく、漁師さんの網に捕らえられてしまったウミガメの保護や、ケガの治療、回復後の放流といった活動をしています。まさに、ここの職員はリアル浦島太郎なんですね。

物産館では、ぜひ買い物を

道の駅紀宝町ウミガメ公園の画像

ウミガメの鑑賞を存分に楽しんだ後は、隣の物産館へ。

ここは、地域の野菜や海産物、スイーツ、オシャレなパッケージのお土産品、加工品など、道の駅ならではのラインナップです。

道の駅紀宝町ウミガメ公園の画像

美味しそうだったので、ご当地グルメの「めはり寿司」を買いました。
高菜の葉とご飯の相性が抜群。美味しかったです。

道の駅紀宝町ウミガメ公園の画像

館内には休憩コーナーがあり、ここで周辺の観光スポットを探したり、道路情報を確認したりできて便利。
紀宝町のパンフレットや冊子もたくさんありました。

大満足の時間をくれる竜宮城のようなスポットです。
おとぎ話の世界を醸し出す道の駅へ、あなたもいかがですか?

詳細・アクセス

■場所
〒519-5711 三重県南牟婁郡紀宝町井田568-7
■web
道の駅 紀宝町ウミガメ公園公式サイト
■定休日
年中無休
■営業時間
物産館
午前8時30分~午後6時00分(11月〜2月)
午前8時30分~午後7時00分(3月〜10月)
ウミガメハウス
午前9時00分~午後6時00分
■アクセス
Googleマップ

The Inabes

いなべ市を拠点とするクリエイター・デュオ。紙媒体やweb用のカメラ撮影、ライティング、デザイン等を行う。メンバーはunとQ。unは山沿いの三重県内キャンプ場に入りびたるアウトドア派。Qは愛する北勢を舞台にした小説執筆が趣味のインドア派。

記事一覧

関連記事

キャンプ

三重でおススメの人気キャンプ場3選

自然が豊かな地域が多い、三重県。海・山・川、あらゆる自然を楽しむには、キャンプがうってつけです。今回は三重県のキャンプ場を3つご紹介します!青川狭キャン…

  • 418 view