三重県の美味をテイクアウト!五桂池ふるさと村(多気町)

  1. 三重中勢

食べることは、生きること。
皆さんは、しっかりと食べていますか?
秋の行楽シーズン、と言いたいところですが、コロナ禍で観光やレジャーを楽しめる状況ではなくなってしまいました。
まさに、我慢の毎日が続きます。
でも、人は辛く落ち込むことがあっても、美味しいものを食べて笑顔になれる時間があれば、きっとまた強くなれるのではないでしょうか。

今回は、地元の美味しいものを食べて元気になってほしい、という願いを込めて、三重県の食材テイクアウトの宝庫、五桂池ふるさと村をご紹介します。

そもそも、五桂池とは

五桂池ふるさと村画像

施設の目の前に広がる五桂池は、江戸時代に造られた歴史あるため池。
外周が約3.75km、面積は約19.5haと、ため池として三重県最大規模です。

五桂池ふるさと村画像

多気町の看板によると、1659年(万治2年)、このエリアは台風で大きな被害を受けて、地域の人たちが紀伊藩に新田開発と灌漑用のため池を造るようにお願いしたそうです。
これによって7年かけて工事を実施。1678年(延宝6年)に五桂池が完成しました。

ここは時代を超えて人々の願いや想いを伝える場所。コロナ禍にあえぐ今と重なって、感慨深い気持ちになりますね。

池のほとり。ロケーションも抜群

五桂池ふるさと村画像

大きな池のほとりに建つ五桂池ふるさと村は、周辺が自然豊かで、景色もきれい!

ここは動物とふれ合えたり、果物狩りも楽しめたりするほか、有名な高校生レストラン「まごの店」もあるレジャースポットでもあります。

五桂池ふるさと村画像

平時なら思う存分、一日かけて楽しみたいところですが、今回はコロナ禍をふまえ、このレトロな門構えの奥にある食材エリア「マルシェグランマ」でのテイクアウトに焦点を当てます。

五桂池ふるさと村画像

さあ、どんな商品が並んでいるんでしょうか?

これが、三重県食材の宝庫、Marche Grandma (マルシェグランマ)

五桂池ふるさと村画像

中に入ると広ーい!
冷凍、冷蔵、常温の三重県の食材がズラリと並びます。
みえ商工会のアンテナショップとして、地元生産者ら約300人が商品を出しているそうです。

五桂池ふるさと村画像

生鮮食品も手に入りますし、加工品や、手作り雑貨にいたるまで、まさに三重づくし。
お買い得なものもたくさん目に入りましたよ。

五桂池ふるさと村画像

県内市町の観光ポスターも一堂に掲示していて、つい、見入ってしまいました。

五桂池ふるさと村画像

いろんなものを買いましたが、個人的に気に入ったのが、こちら。
「伊勢志摩サイダーゆず味」です。
地酒「鉾杉」で知られる河武醸造株式会社がつくったもので、シュワッと爽やかで美味しかったです。

詳細・アクセス

■場所
〒519-2174 三重県多気郡多気町五桂956
■定休日
毎月第2火曜日及び1月1日(各施設によって異なる)
■web
五桂池ふるさと村公式サイト
■アクセス
Googleマップ
【車】
伊勢自動車道、勢和多気ICから約10分

The Inabes

いなべ市を拠点とするクリエイター・デュオ。紙媒体やweb用のカメラ撮影、ライティング、デザイン等を行う。メンバーはunとQ。unは山沿いの三重県内キャンプ場に入りびたるアウトドア派。Qは愛する北勢を舞台にした小説執筆が趣味のインドア派。

記事一覧

関連記事

七五三

三重県にある七五三参りの出来る神社

「七五三」は神社などで「七五三詣」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。名前の通り、3歳、5歳、7歳の年齢にあった子供の行事です。(男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7…

  • 708 view