カフェ併設のかわいい店舗。八里屋、とうふや豆蔵〜菰野テラス

  1. 三重北勢

豆腐屋、と聞くと、多くの人は昔ながらのシンプルな店舗が頭に思い描くのではないでしょうか。
しかし、この店は外装、内装どちらも、とってもカジュアル。
去年10月にリニューアル・オープンし、豆腐が味わえるカフェも併設されました。
感度の高いヘルシー思考志向の女性たちは必見です。
今回は、注目のかわいい店舗、八里屋、とうふや豆蔵〜菰野テラスをご紹介します。

店舗前に湧き水が!

とうふや豆蔵菰野テラス画像

店舗に訪れて最初に目に入るのが、水汲み場。
これは鈴鹿山脈の伏流水で、この良質な水があってこそ、美味しい豆腐になります。
水を汲みに来ている人もたくさんいました。

場所は三重県の菰野町。こんな店です

とうふや豆蔵菰野テラス画像

リューアルされたばかりの店舗は、木を基調にしていて、とてもオシャレ。

とうふや豆蔵菰野テラス画像

店内は広々としていて、豆腐や油揚げ以外にも、野菜、豆乳、惣菜など幅広い商品が並んでいます。

とうふや豆蔵菰野テラス画像

美味しそうながんもに、油揚げが何種類もあります。
どれもヘルシーなものばかり。

隣には、なんと、カフェが併設

とうふや豆蔵菰野テラス画像

リニューアルされて、昔の店舗が、こんなかわいいカフェに生まれ変わりました。
豆腐屋としては、珍しいですよね。

とうふや豆蔵菰野テラス画像

「KODOMOGU café」という店舗名で、オーガニックコーヒーも自慢だということです。
店内はゆったりとしていて、野生動物の描かれた内装が印象的。

とうふや豆蔵菰野テラス画像

店内には、お子さん向けの絵本がずらりと並んでいます。

とうふや豆蔵菰野テラス画像

カフェでは、このきらず揚げというお菓子が食べ放題です。
スナックのような食感と程よい塩味がバランスよく、とても美味しいのでびっくり!
隣のとうふや豆蔵で販売していたので、帰りについ、買ってしまいました。

とうふや豆蔵菰野テラス画像

このようなユニークな豆腐のスイーツまであるんですよ!
TAHOという商品ですが、ヘルシーで、色んなフレーバーが楽しめます。

カフェでカレーと一緒に自慢の豆腐を食べてみた

とうふや豆蔵菰野テラス画像

お腹もすいてきたので、さっそくカフェでカレーを注文。すると嬉しいことに、ここの自慢の豆腐がセットでついてきました。
このカレーは、地元の菰錦豚を使い、黒ビールが隠し味になっているそうです。

とうふや豆蔵菰野テラス画像

三重産フクユタカ大豆を使った、自慢の豆腐。
カフェには、豆腐に合う調味料がたくさん置いてあって、好きなものを選んでかけられます。
ボクは、柚子こしょうにしました。

豆腐は絹ごしで、大豆の風味がしっかりと活きています。
コクもあって、美味しく、一気に食べてしまいました。
カレーは、豚の旨味を感じさせてくれる逸品です。

詳細・アクセス

とうふや豆蔵菰野テラス画像

■場所
三重県三重郡菰野町竹成289-1
(Googleマップ)
■営業時間
午前10時00分〜午後5時00分
■定休日
年中無休(年末年始を除く)
■アクセス
【車】
新名神高速道路、菰野ICから約15分
東海環状自動車道、東員ICから約15分
■web
八里屋ホームページ
おとうふ工房いしかわホームページ内、とうふや豆蔵【菰野テラス】サイト
■SNS
Instagram @otoufuishikawa
Facebook @otoufu.co.jp
Twitter @otoufu_ishikawa

The Inabes

いなべ市を拠点とするクリエイター・デュオ。紙媒体やweb用のカメラ撮影、ライティング、デザイン等を行う。メンバーはunとQ。unは山沿いの三重県内キャンプ場に入りびたるアウトドア派。Qは愛する北勢を舞台にした小説執筆が趣味のインドア派。

記事一覧

関連記事

七五三

三重県にある七五三参りの出来る神社

「七五三」は神社などで「七五三詣」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。名前の通り、3歳、5歳、7歳の年齢にあった子供の行事です。(男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7…

  • 827 view