県名「三重」の由来~『古事記』に記された本音と美しき地形~

  1. 三重あるある

かつて、三重県の大半は「伊勢国(いせのくに)」と呼ばれていました。
それがなぜ「三重県」と呼ばれるようになったのでしょうか。
歴史をたどりながら、県名「三重」の由来を見てみましょう。

県名「三重」はいつから?どこから?

「三重県」の誕生は1872年(明治5年)

「三重県」は1872年(明治5年)に誕生しました。

当時、安濃津県(津県、桑名県・亀山県・長島県・神戸県・菰野県)と
度会県(久居県・鳥羽県・度会県)
で構成されてい三重。

そんな中、安濃津県が安濃郡津大門町(現在の津市大門町)から
三重郡四日市の地(現在の四日市市北町)に県庁を移すことに。
それを機に郡名である「三重」を県名に使うことになったのです。

とはいえ、もともと「三重郡」に使われていた「三重」はどこから来たのか。
「安濃津」は港、「大門」は門前町、「四日市」は四のつく日に市が開かれた
ことを表しているのは、イメージしやすいのですが……。

「三重」はその文字から、
何かを三つに重ねたの?
三人の重役人がいたの?
三つの重たいものが産物だったの?
など、想像が膨らみますね。

「三重」の由来2つの説

『古事記』を研究し、注釈書『古事記伝』を執筆した本居宣長

1つが強力な『古事記』に記されたヤマトタケルノミコトの言葉。
ヤマトタケルは東方遠征の際、現在でいう桑名市から鈴鹿市に向かっていたところ、
四日市市付近で疲れ果て、『吾が足は三重の勾がりの如くして甚だ疲れたり』と嘆いたそうです。
しかし、それだけで終わらないのが歴史的な英雄。
続けて『故、其地を號(なづ)けて三重と謂ふ』と語り、三重という地名が生まれたのです。

もう1つが、「三重」の「み」は水、「え」は「辺」を表し、鈴鹿川の水辺に由来するという説。
「鈴鹿川」は日本酒の名前にもなっています。

英雄のお疲れ発言と美しい地形。
どちらが三重県にはふさわしいのか……。

三重の名付け親ともいえるヤマトタケルノミコトって?

歴史的英雄・ヤマトタケルノミコト


西暦72年-114年頃、第12代景行天皇の皇子。
漢字表記は「倭建命」または「日本武尊」。
当時の戦況は厳しく、逆境を数々の機転で乗り越えたことから「難局打開の神」とも言われています。
四日市で足が疲れた時は、どのように打開したのか気になりますね。

全国にある「三重」

大分県豊後大野市
長崎県長崎市
に「三重町(みえまち)」があります。

また、長崎市には「三重田町(みえだまち)」という地名も。

親近感がわき、どんな場所なのか興味深いです。

三重に込められた思い

長太の大楠

ヤマトタケルのような神と言われた英雄でも、疲れた時は心の内を打ち明け、無理せず休む。
無理に進んで動けなくなるより、一度、足を止めて休むほうが次につながる。
休むのは勇気があるから。

そして、豊かな自然に恵まれた三重。その誇りをいつまでも。

「三重」はそんなことを私たちに伝えようとしているのかもしれません。

Ninomi

ライター。旧久居市生まれ旧久居市育ち。大学時代を京都で過ごした後、三重に帰る。その後、四国、大阪、韓国、東京と様々な場所に住むものの、心はいつも三重県人。海・山・川があり、魚・肉・野菜、そしてお酒がおいしい三重は日本一の場所だと思っている。趣味は野球観戦、料理、スクラップブッキング。

記事一覧

関連記事

雨の町・尾鷲の事実と『尾鷲傘』

尾鷲といえば、雨。いつだったか、台風の中継を観ながら漠然と「尾鷲は日本で一番雨が降る所なんだ」と思った三重県人は少なくないのではないでしょうか。でも、ほかにもよ…

  • 470 view