三重の平成をたどる②_「文化・スポーツの発展を遂げた時代、三重の力を全国、海外へ」

  1. 三重全般

日本列島の真ん中に位置しながら、新幹線が通っていない三重。

昭和の三重は文化的に発展していたとは言えなかったかもしれません。
そんな中、平成に入り5年あまりが過ぎた頃、三重の文化に大きな波をもたらす2つの施設がオープンしました。

今回、シリーズの2回目では、文化とスポーツの発展について見て行きたいと思います!

三重で見た憧れのアーティスト

三重県総合文化センター

平成6年、肩を並べるようにスタートしたのは
伊勢市の「三重県営サンアリーナ」(以下、サンアリーナ)と
津市にできた「三重県総合文化センター」(以下、総文)。

サンアリーナは『まつり博・三重’94』の会場としてスタートを切った後、ア
ーティストのコンサートやスポーツ関連の会場として使用されています。

これまでには、Mr.Children、DREAMS COME TRUE、福山雅治、いきものがかり、GLAY、浜崎あゆみなど、まさに平成を代表するアーティストのライブが行われました。
そして、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPのツアー会場ともなったことで「三重×ジャニーズ」が実現。
好きなアーティストの歌が聴ける、会えるという嬉しさの上に、
「地元の三重で」という喜びが重なったのではないでしょうか。

三重県営サンアリーナ

総文は三重県文化会館をはじめ、生涯学習センター、男女共同参画センター、三重県立図書館などからなる総合文化施設で、文化会館は『国民文化祭』がこけら落としでした。

津市役所の近くにあった旧文化会館は「県文」という呼び名で親しまれていましたが、
移転後はオペラやミュージカル公演にも対応できる会場となり「総文」という呼び名に変わりつつあります。
クラシックのコンサートが多く開かれ、ファンを喜ばせるとともに、
これまで直に触れることができなかったクラシックコンサートが身近なものとなりました。

全国・海外が近くなる玄関口の誕生

全国・海外への玄関口「なぎさまち」

こうして三重が文化的に発展していく中、県外、そして海外への出発点が誕生しました。
中部国際空港・セントレアへのアクセス港である「津・なぎさまち」です。
なぎさまちから高速船に乗り、およそ45分でセントレアに到着。
三重と世界を一気に近づけてくれた、そんな気がしてなりません。

三重が誇る金メダリストの証

そして、平成29年、津市産業・スポーツセンター内に屋内総合スポーツ施設「サオリーナ」がオープンしました。
施設名はご存知のとおり、三重が誇るアスリート・吉田沙保里さんのお名前に因んだもの。

平成最後の大きな県内建設事業だったともいえる「サオリーナ」。

主に同会場を使って、2021年(令和3年)に開催予定だった
「三重とこわか国体」「三重とこわか大会」は、
残念ながら新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となりました。
(一部の競技で、代替試合を開催)

平成の三重は、文化・スポーツ分野、対外的にも発展した時代でした。そんな中、
レスリング選手の吉田沙保里さん、
マラソン選手の野口 みずきさんといったオリンピック金メダリスト、
サッカー日本代表の山口蛍さん、
人気アーティストの西野カナさんなどが活躍され、
平成26年夏の甲子園では三重高校が準優勝しました。

令和も三重の力を誇れる、そんな時代になってほしいものです。

Ninomi

ライター。旧久居市生まれ旧久居市育ち。大学時代を京都で過ごした後、三重に帰る。その後、四国、大阪、韓国、東京と様々な場所に住むものの、心はいつも三重県人。海・山・川があり、魚・肉・野菜、そしてお酒がおいしい三重は日本一の場所だと思っている。趣味は野球観戦、料理、スクラップブッキング。

記事一覧

関連記事

三重での子育て

三重での子育て、コロナ禍でもたくましく

現在、小学生の母でもある筆者。普段は放課後児童クラブに従事しています。子育てを語るほど多くの経験は積んでいませんが、普段子供達と接する中、三重での子育てで感じたこと、そ…

  • 171 view