三重県ゆかりの人が集い、繋がる!東京・日本橋『三重テラス』

  1. 三重全般

2013年に開業した『三重テラス』は、老舗企業が軒を連ねる東京・日本橋において、三重県の情報発信を行うアンテナショップです。

アンテナショップとは?

地方の食品や特産品を対外的にアピールするだけでなく、その反応を探るために、自治体や企業が開設する店舗のこと。
地方や海外からの来訪者が多い東京都内など、都心部に作られることが多い。

2023年9月にリニューアルオープンしました

三重テラス外観2

『三重テラス』はYUITO ANNEXビルの1・2Fにあります。周囲には、商業施設「コレド室町」、日本橋三越本店、マンダリンホテル、またすぐ後ろに福徳神社が隣接しており、江戸の風情が漂う洗練された大人の街並みです。最寄り駅は、東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅、A6出口を出てすぐという、抜群の立地。

三重テラスMAP

※『三重テラス』ホームページより

2023年9月で開設10周年を迎え、9月16日(土)にリニューアルオープンした『三重テラス』。
商業と文化が行き交うここ日本橋の地で、10年間三重県のアンテナショップとしてあり続けたのは誇らしいことですが、新たに加わった県産の新商品やコワーキングスペースの設置など、リニューアルを機に様々な機能が強化され、より魅力的な施設になりました。

三重の魅力が詰まったショップ&レストラン

ショップ内観1

1Fのショップはレイアウトが大きく変わり、通路幅が広く取られました。ベビーカーですれ違ってもゆったりと見ることが出来、お客様ファーストな店内になっています。
商品が並ぶ陳列用の什器は三重県産ヒノキの平台に入れ替えられ、視認性もアップしました。
    

ショップ内観2

商品群ごとに陳列されていた売場は、お酒とおつまみ、お茶とお菓子など、クロスMDが仕掛けられ、楽しく買い物が出来ます。

ちなみに「クロスMD」というのは、ある商品群に対して、一緒に買いそうな関連性のある商品群を同じ売場に陳列して、購買意欲の喚起と客単価増を狙う、マーチャンダイジングの手法のこと。
私は小売業が長かったこともあり、この陳列手法には感心してしまいました。
   

ショップ取扱い商品1

今まで取り扱いのなかった新商品も店頭に並ぶようになりました。その数約1250アイテム!
三重県ではお馴染みなのに東京であまり知られていない商品が沢山あります。お土産や日常使いにはもちろん、県外の方に三重のことを知ってもらうきっかけにもなりそうです。
   

ショップ取扱い商品2

中でも気になったのは、「おかげ犬」シリーズの商品たち。
今まで伊勢のおかげ横丁でしか買えなかったのですが、この度三重テラスに初登場!
「おかげ犬みくじ」は飾って可愛いだけでなく、底の部分にお伊勢参りの豆知識が掲載されたおみくじが付いていて、二度楽しめます。
   

レストラン内観1

レストランは、ショップとの間にあった壁がなくなり、行き来がしやすくなりました。
メニューも以前の洋食中心から、てこね寿司や伊勢うどんなどが食べられる和食中心のメニューになりました。
中心には大きなカウンターが配置され、中に入った料理人が県内の食材や郷土料理についていろいろと教えてくれます。
   

レストラン内観2

カウンターとテーブルには三重県産ヒノキが使われ、店内のどこを見ても三重を存分に感じられます。

コワーキング機能が新設された2Fスペース

LINE画面

2Fは、引き続きイベント開催の場として使われますが、新たにコワーキング機能が設置されました。
LINEで三重テラスを友だち追加して、コワーキング会員登録をすれば、誰でも利用することが出来ます。(コワーキングはイベント開催により休止になることがあるため、三重テラスHPで事前にチェックを)
   

コミュニティスペース1

広くて開放的なコワーキングスペース。
10時から20時まで利用可能なので、ふらっと立ち寄ったり仕事帰りでも来られそうです。
日本橋界隈でこういうスポットがあるのはありがたいですよね。
   

コミュニティスペース2

またイベントスペースでは、三重の魅力を知ることが出来るイベントやセミナー、共通のテーマで盛り上がる「三重テラス部活動」など、たくさんの企画が用意されていますので、ぜひイベントカレンダーでチェックしてみてください。

三重県と関わりたい人は『三重テラス』に行こう

コミュニティスペース3

2F入口には冊子やパンフレットが豊富にあり、県外の方でも三重を知ることが出来て、常駐のコミュニティマネージャーやコンシェルジュ、三重県職員が観光や移住などの相談にも乗ってくれます。
三重県ゆかりの方も、三重県に興味がある方も、ここに来れば交流が生まれ、何か行動する時の道標が出来そうです。

東京で三重と触れ合う機会はそう多くありません。
私は東京で従業員数3千人の会社に30年勤めていましたが、三重県出身者と出会ったのはわずか2人でした。

移住や転職などリアルに三重県と関りたい方はまずここ、三重テラスのコミュニティスペースに足を運んでみるとよいでしょう。
三重県好きな人たちが集う、大変居心地の好いオアシス的スポットになっています。
この場所で出会い繋がることで、得られるものがきっとあるはずです。
   

夜三重テラス外観1

   

夜三重テラス外観2

  
  

三重テラスアクセス情報

三重が好きになる。 もっと好きになる。| 三重テラス (mie-terrace.jp)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町2-4-1
YUITO ANNEX 1F・2F

東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅
JR総武線快速「新日本橋」駅
JR山手線・中央線・京浜東北線「神田駅」より徒歩8分

■ショップ
営業時間:10:00 〜 20:00
定休日:年中無休(年末年始を除く)
お問い合わせ:03-5542-1033

■レストラン
営業時間
 ランチ 11:00~14:30(L.O.14:00)
 ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00)
無休(年末年始、施設休業日を除く)
お問い合わせ:03-5542-1030

■コミュニティスペース・観光案内
お問い合わせ:03-5542-1035
  
  

natsuco

35年の東京生活にピリオドを打ち、2023年春に三重県伊勢市に移住しました。父の実家は熊野市、母は津市と実は三重のサラブレッド。バンカラな大学と自由な社風の会社員時代を経て、いろいろなことに興味が尽きない、冒険心の強い人間になりました。映画と旅行が大好きです。目下の夢はドローンを飛ばすこと。

記事一覧

関連記事

防災 ヘルメット

どうなってる?三重の防災

9月1日は「防災の日」、続いて9月26日は「※みえ風水害対策の日」です。※甚大な被害をもたらした昭和34年9月26日の伊勢湾台風の記憶を風化させず、県民一人ひと…

  • 268 view